コンテンツメニュー

A study on the relation among stress perceived by setbacks, issue awareness, focusing manner and feeling of self-growth

Bulletin of Clinical Psychology Service Center, Graduate School of Education, Yamaguchi University Volume 8.9.10.11 Page 33-40
published_at 2020
附属臨床心理センター紀要8-004.pdf
[fulltext] 7.61 MB
Title
挫折体験により知覚されたストレスと問題意識性, フォーカシング的態度及自己成長感との関連の検討
A study on the relation among stress perceived by setbacks, issue awareness, focusing manner and feeling of self-growth
Abstract
本研究は挫折体験により知覚されたストレスとフォーカシング的態度および自己成長感との関連を検討するものである。パス解析の結果,(1)挫折体験により知覚されたストレスは問題意識性を高め,フォーカシング的態度による吟味のプロセスを経て自己成長感を高めること,(2)挫折体験により知覚されたストレスはフォーカシング的態度を抑制することが示された。あわせて本研究の結果が臨床に示唆する意義について議論した。
Creators Oshie Takashi
Affiliate Master Yamaguchi University
[kakenhi]15501 grid.268397.1
Source Identifiers [PISSN] 1884-6467 [NCID] AA1248190X
Creator Keywords
挫折体験 知覚されたストレス 問題意識性 フォーカシング的態度 自己成長感
Languages jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Publishers 山口大学大学院教育学研究科附属臨床心理センター
Date Issued 2020
File Version Version of Record
Access Rights open access