コンテンツメニュー

Career selection and self-consciousness of correspondence course students in Yamaguchi prefecture

Journal of higher education Volume 19 Page 1-9
published_at 2022-03
大学教育_19号-001.pdf
[fulltext] 797 KB
Title
山口県の通信制課程生徒の進路選択と自己意識
Career selection and self-consciousness of correspondence course students in Yamaguchi prefecture
Abstract
現在, 通信制課程の高校および生徒は増加傾向にある。1990年代以降, 通信制課程においては, 既存の高校教育の教育システムや教育方針を変える新しい教育の模索が行われている。通信制課程の実態を把握することは, 入学者受け入れを見直す上において重要と考え, 全日制課程との比較から通信制課程の進路選択を把握した。結果, 通信制課程の生徒は, 他者との比較の中で生じる能力アイデンティティの揺らぎや自己意識が高校卒業後の進路希望に影響せず, 大人の勧め等の影響を受けながら「高等学校卒業」という目的に向けて自分が選択した学びを進めているようすが明らかになった。
Creators Hayashi Hiroko
Affiliate Master Yamaguchi University
[kakenhi]15501 grid.268397.1
Source Identifiers [EISSN] 1349-4163
Creator Keywords
通信制課程 進路選択 能力アイデンティティ 自己意識
Languages jpn
Resource Type departmental bulletin paper
Publishers 山口大学教育・学生支援機構
Date Issued 2022-03
File Version Version of Record
Access Rights open access
Funding Refs
Japan Society for the Promotion of Science
Award 地方の通信制高校生徒の進路選択とメリトクラシーに関する研究 20K02560