コンテンツメニュー
Publish Date (<span class="translation_missing" title="translation missing: en.view.desc">Desc</span>)
Journal of East Asian studies Volume 21 pp. 109 - 123
published_at 2023-03-01
本研究では、日中一時支援事業所において、クライアントの支援等について悩みを抱え、離職の意向をも示していたコンサルティに対して行動コンサルテーションを実施した。研究開始前のコンサルティは、自身の業務や支援に関して否定的な発言が多く見受けられ、支援に対する自信を失っている状態であった。特に帰宅準備行動に滞りの見られたクライアントへの支援に頭を悩ませていた。また、離職意向も示していたことから、支援遂行自体に嫌悪感を伴っているとも考えられ、少しでも不安や負担感を感じてしまった場合は、支援実施自体を忌避してしまう可能性があった。そこでコンサルタントは、面接回数を最小限としたり、クライアントの行動記録を敢えて実施しない等、コンサルティが負担感を抱かないよう配慮を行った。加えて、「傾聴」と「共感」、そして「肯定」を念頭に置いた言動を徹底して心掛けつつ、コンサルティとの面接を行い、①スケジュール表を作成し、実施した項目に「○」をする、②帰宅準備行動が出来たらほめる、以上の2点の支援を提案した。また、コンサルティとの小面接を4回実施し、コンサルティの支援実施に対して肯定的なフィードバックを積極的に行った。さらにコンサルティの上司に対しては、小報告会において、コンサルティの支援実施に対して肯定的なフィードバックをするよう依頼した。その結果、コンサルティはクライアントへの支援を実施、継続することができ、これに伴ってクライアントのスムーズな帰宅準備行動が生起するようになった。またコンサルティから自身の業務や支援に対して非常に肯定的な発言が連発するようになった。さらに、離職の意向を取り消すまでに至る等、行動コンサルテーションがクライアントの行動上の課題解決のみならず、コンサルティのバーンアウト傾向の軽減、離職防止にも効果がある可能性が示された。
Creators : Ueda Takahiro Publishers : The graduate school of east asian studies, Yamaguchi university Updated At : 2023-05-12 16:01:10
Journal of East Asian studies Volume 21 pp. 75 - 108
published_at 2023-03-01
Structural transformation matters for economic growth and economic development of one country. Industrialization plays a crucial role as its engine. However, it is fact that some countries succeeded in it while others did not. When we compare the ratio of manufacturing value-added to GDP( MVA/GDP) between the successful and failed or stagnant countries, variations of those trajectories are observed. Even among the latter countries, their patters are not uniform. This paper is very keen to the pattern of failures and stagnation of industrialization such as India, Ghana, and Egypt, in which the ratio of MVA/GDP went down, followed by economic, social and political crisis and long stagnation was resulted from in the subsequent periods. It is hypothesized that that pattern has a close relationship with ambitious industrialization vision embarked on by the state leaders and policy makers in a manner which did not meet the reality of the manufacturing sector. Against that hypothesis, to what extent can the existing literatures give us persuasive interpretation? To examine it, this paper will review those one arguing the causes and mechanism of failed and stagnant industrialization and finally reach an argument of the industrialization vision as a possible candidate.
Creators : Amatsu Kuniaki Publishers : The graduate school of east asian studies, Yamaguchi university Updated At : 2023-05-12 15:07:36
Journal of East Asian studies Volume 21 pp. 51 - 74
published_at 2023-03-01
日本語のスピーチレベルシフトについての研究は盛んに行われてきたといえるが、それらに用いられたデータは友人か初対面かのような親・疎関係の会話や教室における教師と学生の会話、あるいは、前もってセリフが書かれた脚本のものなど、特定の条件を設定した会話からのものが多い。また、接触場面の場合には、取り上げられた対象は留学生に止まり、技能実習生に関するものは管見の及ぶ限り見当たらない。そこで、本稿は技能実習生を対象とし、実習実施機関で生じた自然会話に注目した。具体的には、指示が多く、かつ危険性を伴う鉄骨工場をフィールドとし、技能実習生に向けられた日本人同僚の発話に注目した。 その結果、1)朝礼、会議、送別会は丁寧体を基調としているのに対し、作業現場の発話場面は普通体を基調としている。2)先行研究ではまだ言及されていないが、本研究では、丁寧体基調場面におけるダウンシフトとして、「強い口ぶりで、念を押す時」、「職業規則を明示する時」、普通体基調場面におけるアップシフトとして、「実例を挙げる時」、「相手に同意・共感を示す時」、「1つの作業が終了時の合図」、「説明を諦める時」にもスピーチレベルシフトが観察された。3)機能は、構造標識、談話標識、待遇標識と心的距離の伸縮の4つに分類できる。さらに、4)スピーチレベルシフトには一回性のものと連続性のものがあり、場面によって現れ方が異なっていることが判明した。
Creators : Zhang Xuepan Publishers : The graduate school of east asian studies, Yamaguchi university Updated At : 2023-05-12 14:27:06
Journal of East Asian studies Volume 21 pp. 23 - 49
published_at 2023-03-01
「深い学び」を展開している子どもの姿を具体化せずには、本質的な授業改善には向かいにくい。本研究では、これまでの総合的な学習の時間(以降、「総合」と表記)を巡る議論や近年の学習論の知見をふまえ、「総合」で目指す「深い学び」の特質を整理し、その定義付けを行った。とりわけ、教育心理学や教育学において1970年代から注目されてきた「ディープラーニング」の概念と文部科学省が考える「深い学び」の比較を通して、「ディープラーニング」と「総合」は、どちらも真正の課題と子どもが向き合い、それらの課題解決に関与することで、自己肯定感や自己有能感を得ていくという類似性を有していることが明らかになった。また、「総合」において重要視されてきた「レスポンシビリティ」の概念は、「総合」の学びのあり方と関連付けて学術的に検討されてきていないため、「レスポンシビリティ」と「深い学び」の関係をとらえていった。そうする中で、「総合」で具現化する子どもの姿を現す鍵となる概念には、「自分ごと」「折り合い」「手応え」も付加されることを導出した。加えて、今後より予測困難で不確実、複雑で曖昧な時代になると予測される中で求められる資質・能力を検討し、改めて「レスポンシビリティ」の重要性を位置付けるとともに、他者の存在や「協働」が「深い学び」の成立条件となることを導出した。さらに、「総合」の先行実践において、「レスポンシビリティ」を果たす子どもの育成を目指していくために、「協働的な学び」を通して、どのような子どもの姿にたどり着くことをねらい、一単位時間の授業が行われてきたのかについて検討した。その検討を通して、「総合」における「協働的な学び」は、「概念」と「方略」の高度化を目指して設定され、「概念の高度化」は「対象や課題に対する概念」「自分や自分のあり方に対する概念」の高度化、「方略の高度化」は「対象や課題の本質への迫り方」「対象(人)や仲間との向き合い方」の高度化に分けられることが明らかになった。
Creators : Fujikami Mayumi Publishers : The graduate school of east asian studies, Yamaguchi university Updated At : 2023-05-11 15:07:19
Journal of East Asian studies Volume 21 pp. 1 - 21
published_at 2023-03-01
中国では、経済成長に伴って、エネルギー消費も大幅に増加してきた。資源型地域はエネルギーの主要供給地として、中国の工業の支えといっても過言ではないと考えられる。しかし、資源開発により、資源枯渇や産業構造の偏りや経済不況などの問題が出ている。2013年に公表した「全国資源型都市持続可能発展計画(2013-2020年)」では、経済、民生、エネルギー及び環境において、それぞれの支援政策を打ち出した。経済面では、産業構造の多様性、産業高度化、産業クラスター化を通じて、経済成長と産業構造転換を求めた。 本研究では、この支援政策の経済面に着目して、山西省を研究事例として取り上げ、政策効果を実証的に分析した。具体的に、2つの仮説を設定した。第一は、支援政策が経済成長を促進できることである。第二は、支援政策が産業高度化を促進できることである。PSM-DIDという研究手法を用い、山西省の資源型都市と全国の非資源都市に共変量を加えて、マッチングした。そして、マッチング後のデータで、政策効果と共変量の影響効果を検証した。その結果、支援政策は山西省の経済成長を促進できることを証明した。また、産業高度化にも正の効果が出ている。さらに、工業化と環境汚染はトレードオフの関係があることにより、重工業に比べて、環境にやさしい第三次産業を発展させることがより良い効果を生むことが示唆された。もう一つは、政府財政支出が正の効果で、さらに、非資源型都市と資源型都市の差が縮小するのは重要なことから、政府の役割を無視できないことがわかった。
Creators : Tong Zhihui Publishers : The graduate school of east asian studies, Yamaguchi university Updated At : 2023-05-11 13:42:51
Journal of East Asian studies Volume 21
published_at 2023-03-01
Publishers : The graduate school of east asian studies, Yamaguchi university Updated At : 2023-05-11 13:29:33
Yamaguchi daigaku bungakukaishi Volume 73 pp. 39 - 77
published_at 2023-03-20
Creators : Sarashina Shinichi Updated At : 2023-04-25 17:04:57
Yamaguchi daigaku bungakukaishi Volume 73 pp. 23 - 38
published_at 2023-03-20
Creators : Hayashi Shinichi Updated At : 2023-04-25 16:57:44
Yamaguchi daigaku bungakukaishi Volume 73 pp. 1 - 22
published_at 2023-03-20
Creators : Kuwahata Yoichiro Updated At : 2023-04-25 16:49:16
Yamaguchi daigaku bungakukaishi Volume 73 pp. 1 - 23
published_at 2023-03-20
Creators : 根ヶ山 徹 Updated At : 2023-04-25 16:32:23
Yamaguchi daigaku bungakukaishi Volume 73
published_at 2023-03-20
Updated At : 2023-04-25 16:11:06
The philosophical studies of Yamaguchi University Volume 30 pp. 77 - 130
published_at 2023-03-23
Creators : Fujikawa Satoshi Publishers : 山口大学哲学研究会 Updated At : 2023-04-24 11:04:25
The philosophical studies of Yamaguchi University Volume 30 pp. 65 - 76
published_at 2023-03-23
In this paper I will consider <rétrospectivité> as a positive element of the Bergsonian notion of <durée>. Around 1930 Henri Bergson borrows from Vladimir Jankélévitch a concept of <illusion de rétrospectivité>, which means a lack of understanding about <durée>. However, his usage of the concept seems not to be true to Jankélévitch’s, in that he regards <rétrospectivité> as a positive element of <durée>. In my opinion, Bergson’s infidelity to Jankélévitch, so to speak, is based on his interest in <histoire>, as far as the mysticism is concerned, which bears fruit in The Two Sources of Morality and Religion (1932). As regards this, Maurice Merleau-Ponty, who criticizes Bergson for his misunderstanding <histoire>, provides an important clue.
Creators : Murakami Ryu Publishers : 山口大学哲学研究会 Updated At : 2023-04-24 10:41:25
The philosophical studies of Yamaguchi University Volume 30 pp. 47 - 63
published_at 2023-03-23
Noe-Meinongian theories admit nonexistent objects and are generally friendly to abstract objetcts like Plato's Forms. There are several different neo-Meinongian theories, and one of them is the semantic theory of G. Priest, known as “noneism”. Is it possible to interprete Plato's theory of Forms on noneism? Forms are supposed to have three characteristics about predication: predicatecorrespondence, self-predication and predicate-purity. In noneism, worlds are divided into possible, impossible, and open worlds, the first two being closed worlds and the actual world a possible world. In closed worlds, predication is incompatible with predicate-purity. For example, if something is F, it must also be F or G, so more than one predicates must apply to it. Further, predicate-purity fails in any possible world: more than one predicates apply to anything whatsoever. Moreover, in possible worlds, if Forms have predicate-correspondence, self-predication is unavoidable for some of them. Things are quite different in an open world. Since open worlds are not closed under entailment, we can hold that e.g., the Form of whiteness is white and is nothing else there: it is not true that it is colored or even that it exists; the only thing that exists in an open world is the Form of existence. We also seem to be albe to admit the Forms of a golden mountain, an exisising golden mountain, something both white and not white, etc., each Form safely having the three characteristics. This is, however, an illusion. When a matrix contains more than one free variables, infinitely many one-place predicates can be obtained from it by substitution. If they all correspond to a unique Form, it can be shown that even in an open world infinitely many predicates must apply to the same Form. Thus the predicate-purity fails. One possible responce is to modify the denotation function so that it allocates extensions not to matrices but directly to predicates, but it comes at a cost.
Creators : Wakijo Yasuhiro Publishers : 山口大学哲学研究会 Updated At : 2023-04-24 10:15:43
The philosophical studies of Yamaguchi University Volume 30 pp. 17 - 46
published_at 2023-03-23
本稿の目的は『今昔物語集』天竺部における釈迦仏入滅の理解を解明することにある。はじめに巻第三第二十八話~第三十五話の入滅関連諸説話、および巻第四「仏後」巻の諸説話の内容を概観する(第一節)。そのうえで、二つの観点から入滅の理解を検討する。第一の観点は、釈迦仏の最後の言葉である(第二節)。『今昔物語集』天竺部仏伝はいわゆる「釈迦八相」を踏まえて構成され、とりわけ話数の多い第七「転法輪相」以外は、『過去現在因果経』をはじめとする『釈迦譜』所引の諸経典に依拠することが確かめられている。巻第三入滅関連説話も基本的に『釈迦譜』所引『大般涅槃経』等に拠るが、入滅の瞬間を語る一話は『大悲経』を原拠とする何らかの国書に拠ると推定される。弟子一同に「不放逸」の教えを説く釈迦仏ではなく、一子羅睺羅への哀愍を諸仏に祈る釈迦仏を語ることにより、『今昔物語集』は、釈迦仏一代の教化活動を貫く慈悲の本質、すなわち、しばしば「一子の悲」という語句で表現されるところの慈悲と恩愛との一体性を示したといえる。第二の観点は、入滅後の釈迦仏の身体・力能である(第三節)。現生を生きる一人のひとであった釈迦仏の“生身”が滅び去り、とくに実母など、多生にわたり仏と親密な交わりを結んだ仏の親族において、釈迦仏の存在の一回性、代替不能性が痛切に意識された。他方、滅後も仏の慈悲に与ることを切望する人々は、釈迦仏の霊魂の不滅を信じ、その依り代となりうるもの、あるいは“生身”を超えて存続する新たな身体を想定した。仏舎利や影像がその新たな身体、不滅の霊魂の依り代であり、"生身"の有した"個"としての具体性を弱める反面、時空による制約から解放され、遠隔の地にも拡散・伝播し、未来仏出世の時まで力能を顕現し続けると期待された。何らかの方途を通じて釈迦仏を供養し、一つのささやかな善をなした衆生は、無数の後生の間、絶えず釈迦仏の加護を受け続け、ついに究極的安楽に到達しうる。この世界内の衆生には釈迦仏滅後もその慈悲が及び続けているのであり、末法の世、本朝に生まれた人々も例外でないことを『今昔物語集』天竺部は示唆していると考えられる。
Creators : Kashiwaki Yasuko Publishers : 山口大学哲学研究会 Updated At : 2023-04-21 15:42:10
The philosophical studies of Yamaguchi University Volume 30 pp. 1 - 15
published_at 2023-03-23
Thomas Aquinas uses the term “mode” (modus) in various contexts, and some remarkable usages are found in his discussions on virtues. Aquinas places virtues other than the four cardinal virtues in the “potential parts” of the cardinal virtues, for instance, placing generosity (liberalitas) as a potential part of justice. Although the potential parts of a cardinal virtue are not species of the cardinal virtue, they have close connections with it. In order to explain these connections, Aquinas says that the potential parts of a cardinal virtue agree with the cardinal virtue in mode. He also claims that the mode of a virtue is, as it were, a sort of a form of the virtue, whence the virtue derives its praise and its name (ST II-II, q. 157, a. 3). In this claim, we find metaphysical, ethical, and semantic aspects of modes. In this article, we first examine Aquinas’s usages of “modes of virtues” in order to see these aspects of modes. We conclude that “mode” means “a limit which is not to be exceeded” and “a way.” Next, we move on to the metaphysical aspect. Aquinas has elaborate discussions on “modes,” interpreting Augustine’s triad of “mode-species-order,” the three elements which Augustine claims to be in every good created being. We will analyse three major texts in which Aquinas treats the triad as three essential components of every good creature: ST I, q. 5, a. 5, De veritate, q. 21, a. 6, and ST II-I, q. 85, a. 4. By analyzing and connecting Aquinas’s different statements about modes, we clarify what modes are and how they are related to being (esse) and forms in Aquinas’s metaphysical system. Finally, we consider the semantic aspect, building on the preceding analyses. Since “mode” is a word that can connote perfection as well as limitation, it is possible to state that God is a mode. Since the mode is a higher principle than the form, which determines the genus and species, the mode can be a foundation of analogical predication, in which the same word is applied to things of different genera and beyond (i.e., God).
Creators : Suto Taki Publishers : 山口大学哲学研究会 Updated At : 2023-04-21 15:13:13
The philosophical studies of Yamaguchi University Volume 30
published_at 2023-03-23
Publishers : 山口大学哲学研究会 Updated At : 2023-04-21 14:45:41
Yamaguchi Daigaku dokufutsu bungaku Volume 44 pp. 53 - 73
published_at 2022-12-25
Creators : Shimosaki Masatoshi Updated At : 2023-04-19 16:40:30
Yamaguchi Daigaku dokufutsu bungaku Volume 44 pp. 39 - 51
published_at 2022-12-25
Creators : Takemoto Masashi Updated At : 2023-04-19 16:33:16
Yamaguchi Daigaku dokufutsu bungaku Volume 44 pp. 25 - 37
published_at 2022-12-25
Creators : De Boissieu Michel Updated At : 2023-04-19 16:30:24
Yamaguchi Daigaku dokufutsu bungaku Volume 44 pp. 1 - 24
published_at 2022-12-25
Creators : Hintereder-Emde Franz Updated At : 2023-04-19 15:55:38
Yamaguchi Daigaku dokufutsu bungaku Volume 44
published_at 2022-12-25
Creators : Shimosaki Masatoshi Updated At : 2023-04-19 15:51:24
Yamaguchi Daigaku dokufutsu bungaku Volume 44
published_at 2022-12-25
Creators : Hintereder-Emde Franz Updated At : 2023-04-19 15:48:13
Yamaguchi Daigaku dokufutsu bungaku Volume 44
published_at 2022-12-25
Updated At : 2023-04-19 15:32:48
Asian Journal of Philosophy Volume 1 Issue 2 pp. 48 -
published_at 2022-12
Since its inception, analytic philosophy has failed to attain dominance in Japan. However, the 21st century has seen analytic philosophy gain traction among Japanese philosophers. This paper, which examines the status quo of analytic philosophy in Japan since 2000, consists of two parts. The first part deals primarily with organizations—specifically, relevant associations, journals, conferences, universities, and publishers are illustrated. The second part explores key works in each area—namely, philosophy of science, philosophy of language, philosophy of logic and mathematics, philosophy of mind, and metaphysics. Key works in other areas are also briefly addressed.
Creators : 小山 虎 Publishers : Springer Updated At : 2023-04-19 13:33:47