コンテンツメニュー

Tanabe Toshiaki

Affiliate Master Yamaguchi University

Id (<span class="translation_missing" title="translation missing: en.view.desc">Desc</span>)
山口大学学生相談所年報 Volume 30-32 pp. 17 - 21
published_at 2022-01-31
山口大学学生相談所の前所長時代を回顧し, 当時の状況を思い起こし将来への改善点についても述べてみた。まず学生相談所のカウンセラーについて, その求められる資質と雇用の難しさについて言及した。次に学生相談所の学生や全学における認知度について, その現状と懸念される点について, さらに教員へのお願い, 特に卒論指導での一歩踏み込んだ対応のお願いについて述べた。最後に学生相談所の今後のあり方について, マニュアル作成, セクハラ・パワハラ相談でのハラスメント相談員との関係, 悩みのカムフラージュ機能としての学生相談所, 緊急支援での保健管理センターとの連携の4点から, 現状と今後のあり方について, 私見を述べてみた。
Creators : Tanabe Toshiaki Publishers : 山口大学教育・学生支援機構学生支援センター
山口大学学生相談所年報 Volume 28-29 pp. 28 - 35
published_at 2019-01-31
Creators : Tanabe Toshiaki Publishers : 山口大学学生支援センター
山口大学学生相談所年報 Volume 26-27 pp. 10 - 20
published_at 2017-01-31
Creators : Tanabe Toshiaki Publishers : 山口大学学生支援センター
山口大学学生相談所年報 Volume 23-25 pp. 23 - 26
published_at 2014-12-20
 山口大学の学生相談所は,全国の大学で2番目に古く設置された学生相談所である。その学生相談所の変革と沿革,業務,運営と人事,活動,今後の方向性について述べた。  その歴史的な発展と変化,特に保健管理センターと異なって,広い相談の受け皿となる機能を持つこと,活動面では時代的な変化があり,その運営と人事面でも時代に対応した大きな変革があり,現在では複雑化する若者の心理に対応した機関として,他の専門機関とも連携して発展していることにも触れている。
Creators : Tanabe Toshiaki Publishers : 山口大学学生支援センター
山口大学学生相談所年報 Volume 21-22 pp. 29 - 32
published_at 2012-01-31
学生相談所は,学生の福利厚生を高める点では,大学において重要な位置を占める。特に保護者からの学生支援への要望が高まるにつれ,その存在価値は高くなろう。本論文では,そのような状況下において,学生相談所が今後対処すべき課題をいくつかあげる。特に教員との連携,保護者への対応,発達障害を抱える学生の問題,自殺への対応について,それらの問題点を明らかにし,対応についても提案して論考したい。
Creators : Tanabe Toshiaki Publishers : 山口大学学生支援センター
Creators : Himeno Kikuko Dohno Satoshi Himeno Norio Tanabe Toshiaki Liu Meirou Publishers : 山口大学教育学部
Creators : Tanabe Toshiaki Publishers : 山口大学教育学部附属教育実践総合センター