Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLD500010000001.pdf ( 962.8KB ) 公開日 2013-06-26
タイトルインスティテューショナル・リサーチとアウトカム評価に関する研究 : カレッジ・インパクト研究に基づく教学改善の新展開
タイトルヨミインスティテューショナル リサーチ ト アウトカム ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ : カレッジ インパクト ケンキュウ ニ モトズク スウガク カイゼン ノ シンテンカイ
タイトル別表記The study of institutional research and learning outcomes evaluation : The new deployment of education improvement based study of college impact theory
作成者小川, 勤
作成者ヨミオガワ, ツトム
作成者別表記Ogawa, Tsutomu
作成者所属山口大学大学教育機構
内容記述(抄録等)日本の高等教育研究では,現在,学生のアウトカム評価が注目されている。この背景には高等教育の質保証を図るために,卒業時に各大学が保証する資質・能力をディプロマ・ポリシー(DP)として明示し,このDPの達成に向け,各大学が教育活動を展開することが求められている。そこで,DPの達成および学生のアウトカムを評価・検証するために今,IRが注目されている。しかし,我が国では,認証評価や法人評価などの外的評価機関の大学評価に対応するためにIRを実施するという考えが一般的であり,アウトカム評価がIR機能の中でどのように位置づけられるかについての理解は大学内外で曖昧で,共通理解が得られていない。そこで本稿では,IRの定義や目的について米国などの先行研究をもとに分析する。また,アウトカムの定義や分類,評価に関する理論的フレームワークを概観する。さらに,米国の大学に実施されているアウトカム調査の事例や日本の高等教育の研究者が実施している学生の学修行動調査などのアウトカム評価の研究事例を紹介する。最後にアウトカム評価の抱える課題を明らかにする。
本文言語jpn
著者キーワードインスティテューショナル・リサーチ
アウトカム評価
カレッジ・インパクト研究
教学改善
学士課程教育
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学大学教育機構
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ダイガク キョウイク キコウ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN1349-4163
NCIDAA12007217
学内刊行物(紀要等)大学教育
掲載誌名大学教育
掲載誌名別表記Journal of higher education
10
開始ページ1
終了ページ12
発行日2013-03
関連情報URL(IsPartOf)http://www.oue.yamaguchi-u.ac.jp/publication.html
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDD500010000001
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D500010000001