Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030069000402.pdf ( 1.1MB ) 公開日 2021-02-18
タイトル看護小規模多機能型居宅介護事業所での看取り : エイジング・イン・プレイスの実現を目指して
タイトルヨミカンゴ ショウキボ タキノウガタ キョタク カイゴ ジギョウショ デノ ミトリ : エイジング イン プレイス ノ ジツゲン オ メザシテ
タイトル別表記End-of-life care in community-based services at nursing multifunctional small group homes : supporting aging in place
作成者永田, 千鶴
北村, 育子
松本, 佳代
清永, 麻子
作成者ヨミナガタ, チヅル
キタムラ, イクコ
マツモト, カヨ
キヨナガ, アサコ
作成者別表記Nagata, Chizuru
Kitamura, Ikuko
Matsumoto, Kayo
Kiyonaga, Asako
作成者所属山口大学大学院医学系研究科
内容記述(抄録等)自宅で最期を迎えたいと望む高齢者は多いが,難しい現状がある.自宅での死亡割合が増えない中,施設での死亡割合が増加しており,家庭に近い環境をもつ地域密着型サービスでの看取りへの期待がある.その中でも,2012年に制度化された看護小規模多機能型居宅介護は,小規模多機能型居宅介護に「看護」を組み合わせ,医療提供体制を強化した介護事業所である.介護職と看護職が医療と生活ニーズに対応しながら,利用者と家族,介護職と看護職も満足する看取りを実践できるのか,見極める必要がある.本研究は,看護小規模多機能型居宅介護の看取りの実態と職員が捉える利用者・家族の満足度および介護職と看護職の職務満足度を調査し,エイジング・イン・プレイスを実現する地域ベースの看取り支援策の検討を目的とした.実態調査は,属性,看取りの実態,職員が捉える利用者・家族の満足度,介護職と看護職の職務満足度を問い,得られた看護職44名,介護職40名,計84名の有効回答(回収率19.0%)を分析した.その結果,92.7%の事業所が看取りを実践し,看護職の常勤換算数と看取り件数に正の相関を認め,利用者1名に対し看護職0.2名以上の場合有意に看取り件数が多かった.職員が捉える利用者・家族の満足度は,職員の職務満足度よりも有意に高く,介護職と看護職の2群間比較では,介護職の満足度が有意に高かった.一方,看護職の満足度は,看取り件数の増加により低下する傾向にあった.本研究の結果,1事業所あたり6名程度の看護職の配置により,看護小規模多機能型居宅介護の看取りの実現可能性が示唆された.また,職務満足度を高め,看取りを促進するには,各事業所のニーズやレベルに応じた,身近でタイムリーに参加できる看取り教育研修プログラムが必要である.そこで,在宅医や介護事業所を広範囲に結ぶ研修をオンラインで実施し,そのネットワークを基盤とした地域ベースの看取り支援体制の構築が考えられた.

This study investigates the actual condition of and staff satisfaction with end-of-life care(EOLC) in community-based long-term nursing multifunctional small group homes(NMSGHs) to design an appropriate community-based support project for implementing aging in place. This study aimed to determine and promote EOLC and satisfaction of the staff, patients, and their family members in other community-based services(CBSs), such as group homes for people with dementia. We conducted an anonymous self-administered questionnaire survey among the staff of NMSGHs and analyzed 84 valid responses from 44 nurses and 40 care workers. In total, 92.7% of NMSGHs provided EOLC. As the number of full-time nurses increased, a corresponding increase was seen in EOLC, showing a positive correlation. The quantum of EOLC was related to the perceived satisfaction of patients, their family members, and care workers, but it decreased nurses’ satisfaction. In order to promote EOLC and staff satisfaction among CBSs including NMSGHs, education and training programs for staff development should be provided. Providing online EOLC education and training by linking a wide range of community professionals and CBSs are recommended to improve not only the quality but also the quantum of EOLC at CBSs to realize aging in place.
本文言語jpn
著者キーワード看護小規模多機能型居宅介護
看取り
エイジング・イン・プレイス
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
69
4
開始ページ169
終了ページ181
発行日2020-12-25
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030069000402
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030069000402