Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030069000105.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2020-06-05
タイトル公衆衛生看護学実習による学習効果と課題
タイトルヨミコウシュウ エイセイ カンゴガク ジッシュウ ニヨル ガクシュウ コウカ ト カダイ
タイトル別表記Learning effects of public health nursing practice and issues on them
作成者磯村, 聰子
守田, 孝恵
斎藤, 美矢子
木嶋, 彩乃
作成者ヨミイソムラ, サトコ
モリタ, タカエ
サイトウ, ミヤコ
キジマ, アヤノ
作成者別表記Isomura, Satoko
Morita, Takae
Saito, Miyako
Kijima, Ayano
作成者所属山口大学大学院医学系研究科
内容記述(抄録等)公衆衛生看護活動のツールとして, PDCA(Plan(計画), Do(実施・実行), Check(点検・評価), Act(処置・改善))の展開図を公衆衛生看護活動論, 公衆衛生看護学実習に導入し, 記録様式として活用しているA大学において, 公衆衛生看護学実習による学習効果と課題を明らかにすることを目的とした. 公衆衛生看護学実習を履修したA大学4年次の学生161名を対象に, 2018年5月~7月, 2019年5月~7月に無記名自記式調査を実施した. 調査項目は, 基本属性, 保健師活動への印象, 公衆衛生看護学実習に対する学習意欲, 学習目標で構成した. 139を有効回答とし, 基本統計量算出, t検定を実施し, 自由記載は質的記述的に分析した. 学習目標毎に4点:指導の下で実施できる, 5点:自立してできると回答した割合を学習到達度とした. 実習前の学習目標53項目を合計した学習到達得点から, 実習前高得点群, 低得点群とした. 長期的に保健師就職を希望する者が約3/4を占め, 卒後は臨床看護で経験を積み, その後に保健師就職を検討するキャリアの選択肢が示唆された. また保健師希望の有無に関わらず, 公衆衛生看護学実習に対する学習意欲は概ねポジティブであった. 「公衆衛生看護学実習で学んだことは今後の看護実践に役立つ」の分析結果, 「対象者の生活を考えられる」「地域との連携を学ぶ」「地域を知る」「保健師の技を学ぶ」の4カテゴリが生成された. 学習目標53項目は, 実習後に全ての項目で有意に上昇した. 53項目の学習到達度の平均は9割を超えた. 「地域の健康課題と結び付けて, 保健師活動のPDCAサイクルを展開図に記入する」の学習到達度は98%を超え, 実習中のPDCAサイクルの思考の繰り返しに依拠する効果と考えられた. 実習前の低得点群は, 実習後には高得点群と同程度まで点数が上昇し, 本実習プログラムは, 低得点者も高得点者と同様に教育効果を上げることが示された. 学習到達度の低い項目では, 実践と概念の意味づけ, 保健師の行う実践研究に大学教員が関わり推進させることが今後の課題である.

The study purpose is to clarify effects of public health nursing practice and issues related to them in University A that employs PDCA development diagrams for public health nursing activity. Anonymous self-administered surveys were performed for 161 fourth grader students from 2018 to 2019 and 139 valid answers were obtained. Four and five points for each goal were defined as learning achievement degrees. High and low score groups before practice were determined from the total learning achievement scores of 53 goal items. Three-quarters of them wished to be community health nurses. Their learning motivation for practice was almost positive. Learning targets of the items significantly increased after practice. Learning achievement degrees exceeded 90%. The learning achievement degrees of “Relate community health nurse activities to local health problems and draw PDCA cycles in development diagrams” exceeded 98%, suggesting they depended on repetition of the thought of PDCA cycles. Scores of the low score group rose to the level of the high score group after practice. This practice program brought achievement to both low and high scorers. Teachers need to be involved with health nurses’ studies to promote them while giving meaning to the practice and concept and promoting cooperation with facilities.
本文言語jpn
著者キーワード公衆衛生看護学実習
保健師活動
学習効果
基礎教育
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
69
1
開始ページ57
終了ページ66
発行日2020-02-28
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030069000105
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030069000105