Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030067000403.pdf ( 1.7MB ) 公開日 2019-03-11
タイトル尺側皮静脈をグラフトとして使用した膝窩動脈瘤切除術の1例
タイトルヨミシャクソク ヒジョウミャク オ グラフト トシテ シヨウ シタ シッカ ドウミャクリュウ セツジョジュツ ノ 1レイ
タイトル別表記Surgical repair of popliteal artery aneurysm using basilic vein graft
作成者古谷, 彰
吉田, 久美子
竹内, 雅大
小野田, 雅彦
岩村, 道憲
河野, 和明
加藤, 智栄
作成者ヨミフルタニ, アキラ
ヨシダ, クミコ
タケウチ, マサヒロ
オノダ, マサヒコ
イワムラ, ミチノリ
カワノ, カズアキ
カトウ, トモエ
作成者別表記Furutani, Akira
Yoshida, Kumiko
Takeuchi, Masahiro
Onoda, Masahiko
Iwamura, Michinori
Kawano, Kazuaki
Katoh, Tomoe
内容記述(抄録等)膝窩動脈瘤に対する最も根治的な治療は後方アプローチによる瘤切除術と考えられている.しかし,本術式では腹臥位での手術となるが故に血行再建に用いる自家静脈の選択と採取法が大きな問題となる.症例は73歳の男性.左膝窩部痛,下腿のしびれ感,左間欠性跛行にて整形外科医院を受診した.この際,膝窩部の腫瘤を触知され,足関節/上腕血圧比の低下(0.62)を認めたため精査目的にて当科に紹介となった.造影CTとMRIで約4cmに拡大し血栓閉塞した膝窩動脈瘤の存在が明らかとなった.虚血症状と神経圧迫症状の改善を目的に腹臥位による膝窩部後方アプローチで瘤切除術を行った.術前に超音波検査で左尺側皮静脈が径,長さともに代用血管として最も適合することを確かめ,さらに腹臥位のまま採取できることも確認したうえで,この静脈を用いて血行再建を行った.今回,我々は尺側皮静脈を代用血管として使用することで,腹臥位から仰臥位へ体位変換することなく瘤切除から血行再建まで完遂した症例を経験したので報告する.

The aneurysmectomy with posterior approach may be the most radical surgery to treat popliteal artery aneurysm(PAA).However, major problems of this operation are choice and harvest of the autologous conduit in the prone position. A 73-year-old man presented to the orthopedic clinic with a posterior knee pain, numbness of the calf and intermittent claudication of the left leg. He was referred to our department due to the mass of the popliteal fossa and the reduction in ankle / brachial pressure index(0.62).Contrast-enhanced CT and MRI revealed a thrombosed PAA with a diameter of 4cm. To improve of ischemic and nerve compression symptoms, we performed aneurysmectomy with posterior approach and arterial reconstruction using the basilic vein. Preoperatively, we confirmed that the diameter and length of the left basilic vein fitted the target artery using sonography and it was able be harvested in a prone position. We reported a case of PAA who underwent aneurysmectomy and arterial reconstruction using the basilic vein graft without changing position from prone to supine during operation.
本文言語jpn
著者キーワード膝窩動脈瘤
瘤切除術
尺側皮静脈
後方アプローチ
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
67
4
開始ページ201
終了ページ208
発行日2018-12-28
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030067000403
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030067000403