Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030067000402.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2019-03-11
タイトル鎮静下内視鏡診療後における高齢者の覚醒レベルの推移 : 催眠深度測定指標を用いたパイロットスタディ
タイトルヨミチンセイカ ナイシキョウ シンリョウゴ ニオケル コウレイシャ ノ カクセイ レベル ノ スイイ : サイミン シンド ソクテイ シヒョウ オ モチイタ パイロット スタディ
タイトル別表記A pilot study on arousal levels in older individuals after sedated endoscopy using the bispectral index system
作成者松本, 涼太
堤, 雅恵
野垣, 宏
末永, 弘美
作成者ヨミマツモト, リョウタ
ツツミ, マサエ
ノガキ, ヒロシ
スエナガ, ヒロミ
作成者別表記Matsumoto, Ryota
Tsutsumi, Masae
Nogaki, Hiroshi
Suenaga, Hiromi
作成者所属山口大学大学院医学系研究科
内容記述(抄録等)【背景と目的】鎮静下で内視鏡診療を受けた高齢者は,開眼した後にせん妄を発症することがある.本研究では,せん妄発症の予防と対応のための看護介入のタイミングを知ることを目的とし,鎮静下で内視鏡診療を受けた高齢者の覚醒レベルの推移を,催眠深度測定指標(Bispectral Index System:BIS)を用いて観察するパイロットスタディを行った.【方 法】65歳以上の患者4名(平均年齢74.3歳)を対象として,内視鏡診療前日に15分間のBIS測定を行ってベースラインとした後,鎮静の開始から内視鏡診療が終了して帰室した後240分まで,BIS値の連続測定を行った.【結 果】対象者4名とも,せん妄は認められなかった.BIS値は鎮静開始直後から低下し,内視鏡診療が終了して帰室した後,120分付近で上昇を認めた.内視鏡診療中の平均BIS値は,日本消化器内視鏡学会が推奨する中等度鎮静に相当する覚醒レベルで調整されていた.【結 論】本研究では,せん妄が認められなかったが,帰室後120分付近でBISが上昇し,せん妄が起こるとすればこの周辺の時間帯である可能性が示唆され,看護介入のタイミングを知る参考となった.また,せん妄発症の予防と対応のための看護介入のタイミングを図るためにも,BIS値を内視鏡診療および看護における観察の補助データとして活用できると考えられた.

【Background and Aim】Older patients often exhibit delirium upon awakening after sedated endoscopy. This pilot study aimed to observe arousal levels using the Bispectral Index System(BIS)and clarify the appropriate timing for nursing intervention.【Methods】Participants consisted of four patients aged 65 and over(mean age 74.3).Arousal level variability was measured using a BIS monitor. BIS data were obtained for 15 successive minutes the day prior to the procedure as baseline and for 240 successive minutes after sedated endoscopy.【Results】None of the participants exhibited delirium. BIS values started to decrease soon after sedation and increased around 120 min after patients completed the endoscopy and were transferred back to their room. During the endoscopy, the average BIS value changed within the moderate sedation depth recommended by the Japan Gastroenterological Endoscopy Society.【Conclusion】Our results suggest some possibility that delirium could appear in older patients around 120 min after endoscopy, although no delirium had been observed in participants included herein. Thus, BIS values could perhaps be used as ancillary data for controlling moderate sedation depth during endoscopy and performing timely nursing intervention.
本文言語jpn
著者キーワード鎮静下内視鏡診療
催眠深度測定指標
覚醒レベル
せん妄
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
67
4
開始ページ193
終了ページ199
発行日2018-12-28
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030067000402
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030067000402