Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030067000401.pdf ( 1.1MB ) 公開日 2019-03-11
タイトル医用AIとシステム医学の融合に向けて
タイトルヨミイヨウ AI ト システム イガク ノ ユウゴウ ニ ムケテ
タイトル別表記Towards integration of the systems medicine and medical AI
作成者浅井, 義之
作成者ヨミアサイ, ヨシユキ
作成者別表記Asai, Yoshiyuki
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)今世紀に入る頃,システムバイオロジーとフィジオームの台頭により,要素還元主義的アプローチが主流であった生命科学に,統合主義的アプローチによる生命科学の扉が開かれた.そしてその数年後,ディープラーニングの開発により,広範な分野において機械学習によるデータ解析技術の発展が加速した.近年,システムバイオロジーや機械学習の生命医科学への応用が始まっている.この新しい生命医科学の展開をリードすべく,山口大学大学院医学系研究科・医学部附属病院にAIシステム医学・医療研究教育センター(AISMEC)が2018年4月に開設された.本稿では,システムバイオロジーや機械学習それぞれの背景の簡単なまとめとともに,AISMECの活動の紹介も含めて,近年のこれらの新技術の生命医科学への応用状況を概説する.

At the beginning of the century, the emergence of systems biology and physiome have opened doors of the integrative life sciences. Until then, the reductionism approach was mainstream in the life science. And a few years later, the development of deep learning algorithm has accelerated the advancement of data analysis technology by machine learnings in a wide range of fields. In recent years, application of systems biology and machine learnings to medical science has begun. To lead the development of this new medical science, the AI systems medicine research and training center(AISMEC)was established in April 2018 at the graduate school of medicine and Yamaguchi University hospital. In this article, we briefly summarize the backgrounds of systems biology and machine learnings. Also, we introduce the activities of AISMEC and outline the situation of applications of these new technologies to medical science in recent years.
本文言語jpn
著者キーワード医用AI
システム医学
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
67
4
開始ページ187
終了ページ192
発行日2018-12-28
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030067000401
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030067000401