Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030065000104.pdf ( 1.4MB ) 公開日 2016-03-14
タイトル重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(ミニ・レビュー : 小西賞受賞者)
タイトルヨミジュウショウ ネッセイ ケッショウバン ゲンショウ ショウコウグン SFTS ミニ レビュー : コニシショウ ジュショウシャ
タイトル別表記Severe fever with thrombocytopenia syndrome(sfts)
作成者高橋, 徹
作成者ヨミタカハシ, トオル
作成者別表記Takahashi, Toru
内容記述(抄録等)重症熱性血小板減少症候群(Severe fever with thrombocytopenia syndrome, SFTS)は,2011年に中国から報告されたブニヤウイルス科フレボウイルス属のSFTSウイルス(SFTSV)による新興ウイルス感染症で,マダニ媒介性感染症と考えられている.我々が2012年秋に診療にあたった患者の血液からSFTSVが分離され,これが日本国内において初めてウイルス学的にSFTSV感染症と確定診断された患者となった.SFTSの臨床像は,発熱,血小板減少,白血球減少,消化器症状のほかに,筋症状,神経症状,凝固異常など多彩であり,しばしば血球貪食症候群を合併する.病理学的にはウイルス感染細胞の増生を伴う壊死性リンパ節炎が特徴的所見である.現時点では対症療法のほかに特異的治療はない.2013年1月から現在までに140名以上の患者が確認されている.後方視的調査からSFTSVは以前から日本に存在し,患者は中高年に多くみられ,西日本に偏在しており,春から秋にかけての発生が多いことが分かっている.さらに,国内疫学調査によってウイルス保有マダニや抗SFTSV抗体陽性動物が国内の広い範囲に分布することも判明している.研究面では,急性期の血中ウイルス量や炎症性サイトカインの変動や,感染動物モデルによる病態解析も進捗しつつある.本稿では,日本におけるSFTS発見とSFTSの臨床および疫学的知見,SFTSVについてのウイルス学的知見について総説する.

Severe fever with thrombocytopenia syndrome(SFTS)is an emerging tick-borne infectious disease caused by the SFTS virus(SFTSV),a novel phlebovirus reported to be endemic to China in 2011. In Japan, the first SFTS patient was identified during the autumn of 2012;since then, over 140 SFTS patients have been reported. The SFTSV has been identified throughout Japan over the past two years;however, SFTS patients are specifically localized to western Japan. The clinical symptoms of SFTS include fever, thrombocytopenia, leukocytopenia, gastrointestinal symptoms, and various other symptoms, including muscular symptoms, neurological abnormalities, and coagulopathy. SFTS is often accompanied by hemophagocytic syndrome. The histopathological findings are characterized by necrotizing lymphadenitis, with infiltration of the virus-infected cells to the local lymph nodes. Pathophysiological analyses of SFTS include studies regarding the kinetics of cytokine production and immune responses in patients with SFTS and in SFTSV-infection animal models. This article aimed to survey the history of SFTS in Japan and to review the clinical, epidemiological, and virological aspects of SFTS and SFTSV infection.
本文言語jpn
著者キーワード重症熱性血小板減少症候群
SFTS
SFTSウイルス
マダニ
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
65
1
開始ページ31
終了ページ38
発行日2016-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030065000104
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030065000104