Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030064000101.pdf ( 1.6MB ) 公開日 2015-05-01
タイトル血小板に魅せられて
タイトルヨミケッショウバン ニ ミセラレテ
タイトル別表記Fascinated by plateles
作成者岡野, こずえ
作成者ヨミオカノ, コズエ
作成者別表記Okano, Kozue
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)血小板は直径2~4μmの円盤状で,無核の微小細胞である.しかし,その内部のα顆粒には血小板由来増殖因子,β-トロンボグロブリン,von Willbrand(vWF)因子,濃染顆粒にはADP,ATP,セロトニンなど様々な物質を含んでいる.また血小板膜表面にはvWFの受容体の膜糖蛋白(GP)Ib/IX/V複合体やコラーゲンの受容体であるGPⅥなど特有の機能的GPが存在し,生体の止血機構に重要な役目を果たしている.一方,血小板は活性化し易く形態の変形や粘着・凝集を起こし,崩壊後に微細粒子(MP)化することから,臨床検査法の対象としては取り扱いの難しい細胞でもある.その血小板に関して,測定方法に始まり巨核芽球性白血病の診断方法,血小板機能評価方法と血栓止血機構との関連性をテーマに研究を進めてきている. 活性化血小板由来マイクロパーティクル(aPLT-MP)は,強力な凝固活性促進や炎症促進作用を持ち,止血作用だけでなく脳梗塞や心筋梗塞の病因となる動脈硬化病変の形成にも強く関連している.しかし,MPは血小板の他に単球や血管内皮細胞など様々な細胞から産生され,細胞によってその動脈硬化病変の形成作用が異なると考えられているが,それらを鑑別測定できる検査法は確立されていない.現在,我々は血液中の多様なMPの中でもaPLT-MPを特異的に定量出来る高感度ELISAを開発し,種々の血栓症患者を対象に臨床的有用性の検討に取り組んでいる.さらに,aPLT-MP以外のMP検出法を開発し,各細胞由来MPが血栓形成作用や炎症促進作用にどのように関与しているかをaPLT-MPとの比較で明らかにする研究を行っている.今回はその研究経過について報告する.

A platelet is a discoid and anucleate microcytic cell of diameter 2-4μm. It contains various substances such as platelet-derived growth factor, β-thromboglobulin, and von Willbrand factor(vWF)in its α-granule, as well as ADP, ATP, and serotonin in its dense granule. Platelet membrane has some unique glycoprotein(GP)such as GP Ib/IX/V complex:the receptor for vWF, and GPVI:the receptor for collagen. These play an important role in body’s hemostatic mechanism. However, platelet is difficult to operate as an object of a clinical investigation, because it is easily-activated, makes form change, adheres, clumps, and eventually, it becomes micro particles(MP)after activations. Activated-platelet-derived MP has been produced from activated-platelet, which has strong procoagulant actions and important roles for a formation of thrombus after bleeding. On the other hand, MPs can also be produced by various cells such as monocytes, vascular endothelial cells, and cancers et al., and methods to identify sources of their MPs are not developed yet. We focus on developing highly-sensitive ELISA which enables to specifically measure aPLT-MP and engage in improving its diagnosis and prediction to patients with thrombosis. The progress of our research for various roles of platelets is reported here.
本文言語jpn
著者キーワード活性化血小板
凝固止血機構
マイクロパーティクル
測定法の開発
血栓性疾患
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
64
1
開始ページ5
終了ページ9
発行日2015-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030064000101
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030064000101