Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLC070001000003.pdf ( 1.1MB ) 公開日 2010-12-10
タイトル「生き物を物として扱う」とは : 「生命学」へのひとつのアプローチ
タイトルヨミイキモノ ヲ モノトシテ アツカウ トハ セイメイガク ヘノ ヒトツノ アプローチ
タイトル別表記As If Living Things Were Mere Mere Things : An Approach to the Study of Life
作成者門倉, 正美
作成者ヨミカドクラ, マサミ
作成者別表記Kadokura, Masami
内容記述(抄録等) 先端医療技術やバイオ・テクノロジーの進展がわれわれの死生観を揺り動かし、環境問題は別の側面からいのちの危機を突きつけている。また、死の迎え方、老いの生き方、食のあり方といった日常の風景の中でもいのちのありようが問われている。「生命学」は、現代社会におけるいのちのあり方を総体的に捉えようとする試みである。 小論はそうした「生命学」への一つのアプローチとして、デパートの店員に「カブト虫の修理」を頼む子どもの「生き物」感覚の問題を切り口として、都市化や産業社会の論理、さらには一次産業の現場での「生き物」感覚の衰退・希薄化を見ていく。一次産業は「自然条件に依拠して生命を育てる」のを本来の姿としていたが、近代化が推進されていく中で「自然を最大限に効率よく搾取していく」という工業の論理に浸されてきている。 「生き物を物として扱う」近代産業社会の枠組みの中では、家畜や作物をはじめとする人間以外の生き物の生理が侵されるだけでなく、他の生き物のゆたかな生を保証しない殺風景さはやがて人間自身の「生き物」性を損なうことに連なっていくように思える。
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学哲学研究会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク テツガク ケンキュウカイ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0919-357X
NCIDAN10403441
学内刊行物(紀要等)山口大学哲学研究
掲載誌名山口大学哲学研究
掲載誌名別表記The philosophical studies of Yamaguchi University
1
開始ページ63
終了ページ81
発行日1992
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDC070001000003
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C070001000003