Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2008010324.pdf ( 2.8MB ) 公開日 2010-04-16
タイトル犬の胃幽門部腫瘍2例
タイトルヨミイヌ ノ イ ユウモンブ シュヨウ 2レイ
タイトル別表記Two cases of canine pyloric tumor
作成者鈴木, 馨
紺野, 克彦
丸尾, 幸嗣
早崎, 峯夫
作成者ヨミスズキ, カオル
コンノ, カツヒコ
マルオ, コウジ
ハヤサキ, ミネオ
作成者別表記Hayasaki, Mineo
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)8歳齢の雌ヨークシャテリア(症例1)および14歳齢の雌シェトランドシープドッグ(症例2)が、いずれも頑固な食餌後の嘔吐を主訴として来院した。どちらも経過は消耗性で、保存療法によって好転しなかった。2症例ともX線造影で幽門狭搾が疑われ試験開腹術を実施した。症例1では幽門部管腔内にカリフラワー状の組織が増生し、症例2では漿膜面に球形腫瘤が認められた。これらの異常構造物はいずれも腫瘍性病変と思われ、幽門部通過障害の原因と考えられた。生検による病理診断により、症例1は腺癌、症例2はリンパ肉腫と診断した。犬の胃腫瘍はまれであり症状に特徴を欠くことなどから、早期発見は困難だが、高齢犬の頑固な嘔吐では本疾患も疑って精査すべきと考えられた。
本文言語jpn
著者キーワード
胃腫瘍
幽門狭窄
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者日本獣医師会
出版者ヨミニホン ジュウイシカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0446-6454
NCIDAN00191857
掲載誌名日本獣医師会雑誌
掲載誌名別表記Journal of the Japan Veterinary Medical Association
46
6
開始ページ492
終了ページ494
発行日1993
関連情報URL(IsPartOf)http://nichiju.lin.go.jp/mag/index.html
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2008010324
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2008010324