Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルPMSG投与成熟ラットにおけるペントバルビタール処理によるLH放出の抑制
タイトルヨミPMSG トウヨ セイジュク ラット ニオケル ペントバルビタール ショリ ニヨル LH ホウシュツ ノ ヨクセイ
タイトル別表記The inhibition of LH discharge by pentobarbital administration in adult rats priming with PMSG
作成者利部, 聰
梅津, 元昭
作成者ヨミカガブ, サトシ
ウメズ, モトアキ
作成者別表記Kagabu, Satosi
Umezu, Motoaki
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)PMSGを投与した成熟ラットの血中LH量がペントバルビタール(PB)処理で、どのように変化するかを経時的に測定し次の結果を得た。1.PMSG 40iuを発情後期日に投与すると、発情前期日におけるLH量は一時的に増加し、低いながらもピークを形成した。2.PBをPMSG投与ラットの発情前期日の13:00または14:00に投与すると、ピークは消失した。一方、無処理ラットにおいても同時刻のPB投与でピークが消失したので、”臨界期”はPMSG投与によって影響されないことが認められた。3.これらの結果から、PBの過排卵処理ラットの排卵数増加にはLH放出抑制が後のhCG処理効果を最大限に発揮させることが判った。
本文言語jpn
資料タイプtext
出版者日本不妊学会
出版者ヨミニホン フニン ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0029-0629
NCIDAN00196996
掲載誌名日本不妊学会雑誌
掲載誌名別表記Japanese journal of fertility and sterility
29
3
開始ページ279
終了ページ282
発行日1984
著者版/出版社版その他
リポジトリID2008010079
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2008010079