Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル過排卵処理をした成熟ラットにおける卵胞発育上の”臨界点”について
タイトルヨミカハイラン ショリ オ シタ セイジュク ラット ニオケル ランポウ ハツイク ジョウ ノ リンカイテン ニツイテ
タイトル別表記”Critical point” on the ovarian follicular development in superovulation treated adult cyclic rats
作成者利部, 聰
作成者ヨミカガブ, サトシ
作成者別表記Kagabu, Satosi
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)過排卵処理ラットでの排卵に伴う卵胞発育上の”臨界点”の有無を確かめるために健康卵胞、初期閉鎖卵胞の消長および排卵数を調べた。排卵前における健康卵胞の大きさ別分布は550μm(直径の平均値)を境界にして2峰性の分布をした。初期閉鎖卵胞の出現率は450~549μmで頂点を示し、約60%であった。PMSG投与によって550μm以上の健康卵胞だけが投与量に比例して増加し、その数は卵胞数とほぼ一致した。一方、250~549μmの健康卵胞数は影響されなかった。排卵が終了した時期では、550μm以上の健康卵胞がほぼ消失した。排卵前における健康卵胞中での卵母細胞の成熟分裂の再開は約550μm以上の卵胞にだけ認められ、過排卵処理の影響を受けなかった。以上から、”臨界点”は過排卵処理ラットにも存在することが明らかとなった。
本文言語jpn
資料タイプtext
出版者日本不妊学会
出版者ヨミニホン フニン ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0029-0629
NCIDAN00196996
掲載誌名日本不妊学会雑誌
掲載誌名別表記Japanese journal of fertility and sterility
29
1
開始ページ126
終了ページ129
発行日1984
著者版/出版社版その他
リポジトリID2008010078
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2008010078