Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルラット卵胞数と過排卵処理後の排卵数との関連性の定量形態学的研究
タイトルヨミラット ランポウ スウ ト カハイラン ショリ ゴ ノ ハイラン スウ トノ カンレンセイ ノ テイリョウ ケイタイガクテキ ケンキュウ
タイトル別表記Morphometric study on the relationship between number of follicles and number of ova shed in superovulation treated rats
作成者利部, 聰
作成者ヨミカガブ, サトシ
作成者別表記Kagabu, Satosi
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)過排卵処理後の排卵数のばらつきの原因を解明するために、PMSG・hCGに反応して排卵に至ると考えられる卵胞の数を2~17週齢にわたって観察した。同時に過排卵処理を行ない排卵数を調べ以下の結果を得た。PMSG・hCGに反応して排卵に至ると考えられる250~549μmの正常卵胞数と過排卵処理後の排卵数は、各週齢ともほぼ一致した。また両者の経時的消長、変異の大きい時期が一致した。これにより、過排卵処理後の排卵数のばらつきの原因の1つに、PMSG・hCGに反応する卵胞数の変異があると推測された。
本文言語jpn
資料タイプtext
出版者日本不妊学会
出版者ヨミニホン フニン ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0029-0629
NCIDAN00196996
掲載誌名日本不妊学会雑誌
掲載誌名別表記Japanese journal of fertility and sterility
28
4
開始ページ505
終了ページ507
発行日1983
著者版/出版社版その他
リポジトリID2008010077
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2008010077