Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル雲仙普賢岳水無川本流の乾式航空緑化工における施工10年後の土壌の肥沃度及び植生定着
タイトルヨミウンゼン フゲンダケ ミズナシガワ ホンリュウ ノ カンシキ コウクウ リョッカ コウ ニオケル セコウ 10ネンゴ ノ ドジョウ ノ ヒヨクド オヨビ ショクセイ テイチャク
作成者山本, 一夫
丸本, 卓哉
岡部, 宏秋
市村, 正彦
新見, 芳則
尾崎, 新
大久保, 剛
植木, 寿朗
関山, 真一
立脇, 真悟
作成者ヨミヤマモト, カズオ
マルモト, タクヤ
オカベ, ヒロアキ
イチムラ, マサヒコ
ニイミ, ヨシノリ
オザキ, アラタ
オオクボ, ツヨシ
ウエキ, トシロウ
セキヤマ, シンイチ
タテワキ, シンゴ
作成者別表記Yamamoto, Kazuo
Marumoto, Takuya
Okabe, Hiroaki
Ichimura, Masahiko
Niimi, Yoshinori
Ozaki, Arata
Ohkubo, Tsuyoshi
Ueki, Toshiro
Sekiyama, Shinichi
Tatewaki, Shingo
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)平成2年に噴火した雲仙普賢岳の水無川本流において共生微生物資材を適用した乾式航空緑化を施工した。10年後,施工区および非施工区において土壌の化学性や微生物バイオマス,菌根菌の感染率,胞子数を調べ,菌根菌が土壌へ及ぼす影響について評価した。その結果,施工区では施用したと考えられる菌根菌や他の複数種の菌根菌が確認されたが,一方の非施工区においては菌根菌の感染率が低く,土壌の養分量や微生物バイオマス量は少なかった。当初導入した菌根菌が土壌の肥沃化に影響を及ぼしていたと推測された。
本文言語jpn
著者キーワード菌根菌
土壌の肥沃化
乾式航空緑化工
主題農学
資料タイプtext
出版者日本緑化工学会
出版者ヨミニホン リョッカコウ ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0916-7439
NCIDAN10130633
掲載誌名日本緑化工学会誌
掲載誌名別表記Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology
32
1
開始ページ195
終了ページ198
発行日2006
関連情報URL(HasVersion)http://ci.nii.ac.jp/naid/110004763658/
著者版/出版社版その他
リポジトリID2007020069
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2007020069