Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2007020123.pdf ( 10.1MB ) 公開日 2010-04-16
タイトル山口県妙徳寺山古墳の石槨に使われた岩石の産地分析とその考古学的意義
タイトルヨミヤマグチケン ミョウトクジヤマ コフン ノ セッカク ニ ツカワレタ ガンセキ ノ サンチ ブンセキ ト ソノ コウコガクテキ イギ
タイトル別表記Provenance study of rocks used in stone chamber of Myotokujiyama tumulus, Yamaguchi prefecture, Japan and its archaeological significance
作成者今岡, 照喜
中村, 徹也
松里, 英男
飯泉, 滋
板谷, 徹丸
作成者ヨミイマオカ, テルヨシ
ナカムラ, テツヤ
マツサト, ヒデオ
イイズミ, シゲル
イタヤ, テツマル
作成者別表記Imaoka, Teruyoshi
Nakamura, Tetsuya
Matsusato, Hideo
Iizumi, Shigeru
Itaya, Tetsumaru
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(理学)
内容記述(抄録等)The Myotokujiyama tumulus in San'yo-cho, Asa-gun, Yamaguchi prefecture, Japan characteristically represents the early phase of the Kofun period, the late 4th century through the mid 5th century A.D. It has a pit-style stone chamber whose roof and side walls are made of alkaline olivine basalt lavas (up to 0.5 tons). The provenance of the rocks in question have been identified by petrology, petrochemistry. K-Ar ages and Sr-Nd isotopic ratios…
本文言語jpn
著者キーワードアルカリ玄武岩
第四紀
古墳時代
帯磁率
カリウム-アルゴン年代
ストロンチウム・ネオジム同位体比
山口県
主題考古学
地理的範囲山口
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者日本文化財科学会
出版者ヨミニホン ブンカザイ カガクカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0288-5964
NCIDAN00342861
掲載誌名考古学と自然科学
43
開始ページ1
終了ページ23
発行日2002
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2007020123
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2007020123