Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル日周期の変更がニワトリの育成と産卵に及ぼす影響
タイトルヨミニッシュウキ ノ ヘンコウ ガ ニワトリ ノ イクセイ ト サンラン ニオヨボス エイキョウ
タイトル別表記Effects of Light Cycles on Growing Chickens and Laying Hens
作成者伊藤, 紫朗
作成者ヨミイトウ, シロウ
作成者別表記Ito, Shiro
作成者所属山口大学教育学部
内容記述(抄録等)従来,産卵鶏に対する人工照明いわゆる点灯飼育は,秋から冬にかけての日照時間の短かくなる季節の産卵率の低下を防止する目的で,主として24時回日周期内での日照時間を補足するために行われてきた。尓来多くの研究者によって照明時間を変動させたいろいろの方法が考案され,実用化されてきた1)3)5)7)9)10)。近年無窓鶏舎が開発,普及されるに及んで,光線管理の方式はますます複雑化している2)4)。 筆者は無窓鶏舎を設置し,6時間毎に人工照明の点滅を行うことによって,1日を2周期とする人為的光線管理を行い,ニワトリの育成期と産卵期を通じての影響を調べた。
本文言語jpn
主題自然科学
資料タイプtext
出版者山口大学教育学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク キョウイク ガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1693
NCIDAN00243950
学内刊行物(紀要等)山口大学教育学部研究論叢(第2部)
掲載誌名研究論叢. 自然科学
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Education, Yamaguchi University. Natural science
25
2
開始ページ155
終了ページ160
発行日1975-09
著者版/出版社版その他
リポジトリIDC020025000216
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C020025000216