Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル山口県第四系の14C年代測定の2例
タイトルヨミヤマグチケン ダイ ヨンケイ ノ 14C ネンダイ ソクテイ ノ 2 レイ
タイトル別表記Two Examples of Measurement of 14C Years on the Quaternary Deposits at Yamaguchi Prefecture.
作成者河野, 通弘
作成者ヨミカワノ, ミチヒロ
作成者別表記Kawano, Michihiro
作成者所属山口大学教育学部
内容記述(抄録等)測定資料の泥炭は徳佐貞行(標高300m)において徳佐瀬の下部に央まれるものである。徳佐瀬は湖沼堆積物で主として砂疎よりなり、露出している部分の厚さは20m以内で、その下半部に泥炭を央み寒冷な気候を示す植物化石が下半部より産する。泥炭よりは Menyanthes trifoliata L. Trapa macropoda MIKIを採集した。畑中健一(1967)は花粉分析の結果から、寒冷期における森林帯の降下は:1,300~1,400m、 気温低下度は6.8士2℃と推定している。これより徳佐瀬の下部は氷期の堆積物と考えて、その時代をリス氷期~リス・ヴュルム間氷期のものではないかと考えたのであるが、今回の年代測定の結果はヴュルム氷期のものであることが明らかとなったごなお、資料採集地点の約500m南の河岸における徳佐層の砂諦中より旧象臼歯(Palaeo-loxodon naumanni)が採集され、長谷川善和により研究されている。この採築地は護岸工事のため現在は露出していないが、泥炭層の肩摩とほぼ同じか、それよりやや上位に当ると考えられる。この付近の河岸ではその当時には妙諦、粘土の互層が観察され、Picea bicolor MAYR、Larix lepto-lepis MURRAY、Alnus japonica SIEB. &ZUCC. Trapa macropoda MIKI等が得られている。
本文言語jpn
主題自然科学
資料タイプtext
出版者山口大学教育学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク キョウイク ガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1693
NCIDAN00243950
学内刊行物(紀要等)山口大学教育学部研究論叢(第2部)
掲載誌名研究論叢. 自然科学
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Education, Yamaguchi University. Natural science
20
2
開始ページ33
終了ページ36
発行日1971-03
著者版/出版社版その他
リポジトリIDC020020000205
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C020020000205