Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030055000202.pdf ( 788.1KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル口腔領域への転移性腫瘍の臨床的検討
タイトルヨミコウクウ リョウイキ エノ テンイセイ シュヨウ ノ リンショウテキ ケントウ
タイトル別表記A clinical study of malignant tumors metastatic to the oral region
作成者満岡, 宏治
真野, 隆充
岡藤, 正樹
吉村, 達雄
堀永, 大樹
福田, てる代
上山, 吉哉
作成者ヨミミツオカ, コウジ
マノ, タカミツ
オカフジ, マサキ
ヨシムラ, タツオ
ホリナガ, ダイジュ
フクダ, テルヨ
ウエヤマ, ヨシヤ
作成者別表記Mitsuoka, Kouji
Mano, Takamitsu
Okafuji, Masaki
Yoshimura, Tatsuo
Horinaga, Daiju
Fukuda, Teruyo
Ueyama, Yoshiya
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)今回われわれは当科を受診した口腔転移性腫瘍患者の臨床像,治療法,治療成績等について検討を行ったので報告する.対象は1984年4月から2004年3月の間に受診し,口腔転移性腫瘍と診断された6例である.その内訳は男性4例,女性2例であり年齢は50歳から83歳にわたり平均年齢は61.8歳であった.口腔転移巣の発生部位は上顎歯肉3例,下顎歯肉2例,下顎骨1例で,原発部位は肺が3例で最も多く,肝臓が2例,乳腺が1例であった.転移性腫瘍の組織型は小細胞癌2例,肝細胞癌2例,扁平上皮癌1例,腺病1例であった.4例では,原発巣の診断から1~96か月の間に転移巣が診断されており,その他の2例は口腔転移巣が原発巣に先立って発見されていた.口腔転移巣に対する治療は4例で姑息的治療が行われ,残りの2例では治療が行われていなかった.治療を行ったものでは疼痛は軽減し,機能障害は一時的に改善されていた.
本文言語jpn
著者キーワード口腔転移性腫瘍
臨床的検討
治療成績
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
55
2-3
開始ページ61
終了ページ65
発行日2006-06-30
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110004758311/
権利関係本文データは山口大学医学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030055000202
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030055000202