Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030052000611.pdf ( 1.5MB ) 公開日 2010-04-19
タイトル肝表面像からみたWilson病の臨床的検討
タイトルヨミカン ヒョウメンゾウ カラ ミタ Wilsonビョウ ノ リンショウテキ ケントウ
タイトル別表記Clinical study of wilson's disease in view of laparoscopic findings
作成者吉兼, 隆大
児玉, 隆浩
松本, 俊彦
中嶋, 哲也
竹中, 一行
増原, 昌明
亀井, 敏昭
作成者ヨミヨシカネ, タカヒロ
コダマ, タカヒロ
マツモト, トシヒコ
ナカシマ, テツヤ
タケナカ, カズユキ
マスハラ, マサアキ
カメイ, トシアキ
作成者別表記Yoshikane, Takahiro
Kodama, Takahiro
Matsumoto, Toshihiko
Nakashima, Tetsuya
Takenaka, Kazuyuki
Masuhara, Masaaki
Kamei, Toshiaki
内容記述(抄録等)Laparoscopic examination was performed in three cases (one male and two females) of Wilson's disease including one case of siblings. As clinical stage progress, hepatic parenchymal damage developed. At the early clinical stage, surface of liver showed yellowish, reflecting of steatosis of hepatocytes. With progressive clinical stage, it changed bluish gray, in consequence of the excessive accumulation of copper in liver. With progressive fibrosis, surface of the liver changed nodular appearence. We propose that laparoscopic findings of the hepatic surface in Wilson's disease is useful for diagnosing, determining clinical stage, and evaluating pharmacologic treatment.
本文言語jpn
著者キーワードWilson病
腹腔鏡
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
52
6
開始ページ303
終了ページ310
発行日2003-12-31
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110002773865/
権利関係本文データは山口大学医学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030052000611
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030052000611