Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030050000303.pdf ( 988.4KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル胃癌に対する電撃化学療法後抗癌剤組織内移行に関する検討
タイトルヨミイガン ニ タイスル デンゲキ カガク リョウホウゴ コウガンザイ ソシキナイ イコウ ニ カンスル ケントウ
タイトル別表記Analysis of intracellular influx of anticancer drug after electrical impulse chemotherapy for gastric cancer
作成者野島, 真治
中屋敷, 千鶴
藤井, 雅和
井口, 智浩
小林, 哲郎
榎, 忠彦
作成者ヨミノシマ, シンジ
ナカヤシキ, チズル
フジイ, マサカズ
イノクチ, トシヒロ
コバヤシ, テツロウ
エノキ, タダヒコ
作成者別表記Noshima, Shinji
Nakayashiki, Chizuru
Fujii, Masakazu
Inokuchi, Toshihiro
Kobayashi, Tetsurou
Enoki, Tadahiko
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)We have previously reported the tumoricidal effect of a single high-voltage electrical impulse on a tumor together with an anticancer drug treatment, i.e., electrical impulse chemotherapy. We studied the intracellular influx of anticancer drug in electrical impulse chemotherapy by means of the analysis of the anticancer drug concentration in tumor and normal mucosa. Before resection of the stomach, a single electrical impulse (5KV.,3ms) were applied in 15 patients with advanced gastric cancer 2 hours after the intravenous administration of Cisplatin (35mg/m2). The concentration of Cisplatin was 0.80^+_- 0.16μg/g in tumor, which was significantly higher as compared with the values of 0.60^+_-0.15μg/g in normal mucosa (p<0.05). It is suggested that spike wave electrical impulse chemotherapy induce electroporation of the cell membrane and permit the intracellular influx of a large amount of anticancer drug, exerting a strong cartinostatic effect.
本文言語jpn
著者キーワード電撃化学療法
electroporation
濃度依存性抗癌剤
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
50
3
開始ページ645
終了ページ650
発行日2001-06-30
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110002774077/
権利関係本文データは山口大学医学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030050000303
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030050000303