Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030049000505.pdf ( 350.8KB ) 公開日 2010-04-19
タイトルHBs抗原変異株が検出されたHBs抗原・抗体共存のB型肝炎ウイルスキャリアーの1例
タイトルヨミHBs コウゲン ヘンイカブ ガ ケンシュツサレタ HBs コウゲン コウタイ キョウゾン ノ Bガタ カンエン ウイルス キャリアー ノ 1レイ
タイトル別表記Hepatitis B surface antigen variants detected in a hepatitis B virus carrier with concurrent HBsAg and anti-HBs
作成者仁科, 惣治
日野, 啓輔
加藤, 吉晴
沖田, 極
作成者ヨミニシナ, ソウジ
ヒノ, ケイスケ
カトウ, ヨシハル
オキタ, キワム
作成者別表記Nishina, Sohji
Hino, Keisuke
Katoh, Yoshiharu
Okita, Kiwamu
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Hepatitis B surface antigen(HBsAg) is neutralized by anti-HBsAg antibody(anti-HBs). However, HBsAg variants can persist in the spite of the presence of anti-HBs. Hepatitis B vaccination or hepatitis B immunoglobulin therapy is one of the situations that can drive the selection of variants. Thus selection of most variants is likely to be immune-driven. On the other hand, there are also naturally occurring variants, but the mechanism of their emergence has not been clarified. Here we descride a hepatitis B virus(HBV) carrier with concurrent HBsAg and anti-HBs in whom several amino acid substitution was found in the major hydrophilic region of HBsAg. This case provides a discussion that concurrence of HBsAg and anti-HBs may drive selection of HBsAg variants.
本文言語jpn
著者キーワードHBs抗原
HBs抗原変異株
B型肝炎
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
49
5
開始ページ497
終了ページ501
発行日2000-10-31
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110002774009/
権利関係本文データは山口大学医学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030049000505
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030049000505