Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030048000203.pdf ( 4.1MB ) 公開日 2010-06-10
タイトル著明なS状結腸過長症を伴った特発性巨大結腸症の一例
タイトルヨミチョメイ ナ Sジョウ ケッチョウ カチョウショウ オトモナッタ トクハツセイ キョダイ ケッチョウッショウ ノ イチレイ
タイトル別表記A Case of Idiopathic Megacolon with Extremely Elongated Sigmoid Colon
作成者鈴木, 道成
鈴木, 伸明
長島, 由紀子
武田, 茂
宮原, 誠
矢野, 一磨
森岡, 秀之
上田, 城久朗
奥園, 美子
作成者ヨミスズキ, ミチナリ
スズキ, ノブアキ
ナガシマ, ユキコ
タケダ, シゲル
ミヤハラ, マコト
ヤノ, カズマ
モリオカ, ヒデシ
カンダ, キクオ
オクゾノ, ヨシコ
作成者別表記Suzuki, Michinari
Suzuki, Nobuaki
Nagashima, Yukiko
Takeda, Shigeru
Miyahara, Makoto
Yano, Kazuma
Morioka, Hideshi
Kanda, Kikuo
Okuzono, Yoshiko
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)We reported a case of idiopathic megacolon with extremely elongated sigmoid colon. A 30-year-old man was admitted to our hospital because of abdominal pain, abdominal fullness, and constipation. A plain abdominal x-ray showed extremely dilated colon, measuring 15cm in diameter. Gastrographin enema study showed the dilated rectum and sigmoid colon with elongated sigmoid colon. Conservative therapies were ineffective. At laparotomy, the rectum and sigmoid colon measured 90 cm in length dilated and the descending colon incompletely fixed to the retroperitoneum. Resection of the dilated rectum and sigmoid colon was performed with end-to-end anastomosis. Since histological examination revealed that the ganglion cells of the rectum were normal, the patient was diagrosed as having an idiopathic megacolon. There is no recurrence of megacolon after the operation.
本文言語jpn
著者キーワード特発性巨大結腸症の一例
S状結腸過長症
習慣性便秘
下行結腸固定異常
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
48
2
開始ページ57
終了ページ62
発行日1999-04
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030048000203
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030048000203