Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル術後照射を施行したイヌ脳腫瘍の2例
タイトルヨミジュツゴ ショウシャ オ シコウ シタ イヌ ノウ シュヨウ ノ ニレイ
タイトル別表記Postoperative Radiaton Therapy of Canine Brain Tumors in 2 dogs
作成者江部, 和勇
高野, 勝之
塚本, 勝彦
徳田, 修
小池, 晋司
狩野, 裕一
河村, 光俊
中田, 太志
中西, 敬
中市, 統三
田浦, 保穂
中間, 實徳
竹内, 啓
作成者ヨミエベ, カズユウ
タカノ, カツユキ
ツカモト, カツヒコ
トクダ, オサム
コイケ, シンジ
カリノ, ユウイチ
カワムラ, ミツトシ
ナカダ, タイシ
ナカニシ, タカシ
ナカイチ, ムネカズ
タウラ, ヤスホ
ナカマ, サネノリ
タケウチ, アキラ
作成者別表記Ebe, Kazuyu
Takano, Katsuyuki
Tsukamoto, Katsuhiko
Tokuda, Osamu
Koike, Shinji
Karino, Yuichi
Kawamura, Mitsutoshi
Nakada, Taishi
Nakanishi, Takashi
Nakaichi, Munekazu
Taura, Yasuho
Nakama, Sanenori
Takeuchi, Akira
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Postoperative X-ray irradiation(XRT) was performed in 2 dogs with brain tumor. Each histological diagnosis was astrocytoma(grade I-II) and meningioma. Doses of 40Gy in 10 fractions were delivered to tumor beds over 38 days with a Shimazu orthovoltage unit, 200KVp, 20mA, a I.0Cu+ I.0Al filter. Postoperative XRT inhibited tumor regrowth in each case. Irradiated skin showed pigmentation in case 1 and depigmentation in case 2. Two dogs returned to their owners with increased performance status. In the near future, sterotactic radiation surgery will beapplied.
本文言語jpn
著者キーワードイヌ脳腫瘍
放射線治療
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
43
6
開始ページ435
終了ページ440
発行日1994-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030043000608
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030043000608