Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル再切除術を施行しえた原発性肝細胞癌の1例
タイトルヨミサイセツジョジュツ オ セコウ シエタ ゲンパツセイ カンサイボウ ガン ノ イチレイ
タイトル別表記A Case of Second Hepatic Resection for the Recurrent Nodule
作成者平岡, 博
守田, 信義
野島, 真治
榎, 忠彦
品川, 秀敬
小林, 哲郎
金田, 里
高橋, 剛
江里, 健輔
作成者ヨミヒラオカ, ヒロシ
モリタ, ノブヨシ
ノシマ, シンジ
エノキ, タダヒコ
シナガワ, ヒデノリ
コバヤシ, テツロウ
カネダ, サト
タカハシ, ツヨシ
エサト, ケンスケ
作成者別表記Hiraoka, Hiroshi
Morita, Nobuyoshi
Noshima, shinji
Enoki, Tadahiko
shinagawa, Hidenori
Kobayashi, Tetsuro
Kanda, Sato
Takahashi, tsuyoshi
Esato, Kensuke
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)A 58 years man who underwest lateral segmentebtomy of the liver with hepatocellular carcinoma two years ago was admitted on our department because of another new nodule in segment 7. Subsegmentectomy (7) was performed. Postoperative clinical course was not eventful except thoracic effusion. He is well and working after discharge. Recurrence rate was frequently reported after hepatic resection for hepatocellular carcinoma with cirrohsis. The early detection of another new nodule after the first hepatic resection and the second hepatic resection would make the prognosis improve after resection.
本文言語jpn
著者キーワードhepatocellular batbinoma
reburrence in the residual liver
second hepatic resection
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
42
3
開始ページ231
終了ページ236
発行日1993-06
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030042000307
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030042000307