Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルAlzheimer病患者の血清中におけるインターロイキン1(α,β),2および6の濃度について
タイトルヨミAlzheimerビョウ カンジャ ノ ケッセイチュウ ニオケル インターロイキン 1 α β 2 オヨビ 6 ノ ノウド ニツイテ
タイトル別表記Serum Levels of Interleukun-1 (α,β), 2 and 6 in Patients with Alzheimer's Disease
作成者池田, 俊美
山本, 桂子
高橋, 幹治
稲野, 秀
宇佐美, 譲治
水木, 泰
山田, 通夫
作成者ヨミイケダ, トシミ
ヤマモト, ケイコ
タカハシ, カンジ
イナノ, シュウ
ウサミ, ケンジ
ミズキ, ヤスシ
ヤマダ, ミチオ
作成者別表記Ikeda, Toshimi
Yamamoto, Keiko
Takahashi, Kanji
Inano, Shuu
Usami, Kenji
Mizuki, Yasushi
Yamada, Michio
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Serum levels of Interleukin (IL)-1 (α,β), 2 and 6 were determined in 5 patients with Alzheimer's disease and 5 age-and sex-matched control subjects. We measured these cytokines with the use of recombinant IL-1 (α,β), 2 and 6. Serum levels of IL-1 (α,β), 2 and 6were respectively lower than 7.80 pg/ml, 0.02ng/ml, l.0IU/ml and 40.0pg/ml in all 10 cases, and did not differ significantly between Alzheimer patients and controls. Furthermore, each values of IL-1 (α,β), 2 and 6 in the AD and control groups was lower than the smallest measurable values by the test method. At least, so severe immunological reactions as to show the remarkable abnormalities in the serum levels of IL-1 (α,β), 2 and 6 were not considered to exist in patients with Alzheimer's disease.
本文言語jpn
著者キーワードアルツハイマー病
血清
IL-1
(α,β)
IL-2
IL-6
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
41
1
開始ページ15
終了ページ18
発行日1992-02
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030041000103
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030041000103