Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル小児総胆管拡張症における ERCP所見と臨床病態
タイトルヨミショウニ ソウタンカン カクチョウショウ ニ オケル ERCP ショケン ト リンショウ ビョウタイ
タイトル別表記Preoperative ERCP and clinical features in congentital bile duct dilatation
作成者藤原, 敬且
植木, 幸一
守田, 信義
江里, 健輔
板垣, 明味
富士, 匡
作成者ヨミフジワラ, ヒロアキ
ウエキ, コウイチ
モリタ, ノブヨシ
エサト, ケンスケ
イタガキ, アケミ
フジ, タダス
作成者別表記Fujiwara, Hiroaki
Ueki, Kouichi
Morita, Nobuyoshi
Esato, Kensuke
Itagaki, Akemi
Fuji, Tadasu
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Recentaly, endoscopic reterografe cholangiopancreatography (ERCP) has been performed for diagnosis of the congentital choledochal dilatation and evaluation of the anomalous pancreaticobiliary junction. ERCP was performed on eight childre, ages 1 to 8 years, with congential choledochal dilatation from 1982 to 1987. Seven if the 8 cases occurred in female. The chief complaint was abdominal pain in 7 cases, and jaundice and appetite loss in 1 case each. ERCP was useful for diagnosis and decision of the type of anomalous pancreaticobiliary junction.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
38
1
開始ページ81
終了ページ85
発行日1989-02
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030038000111
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030038000111