Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル放射線治療が奏功した多発性骨ランゲルハンス細胞性組織球症(LHC)の一症例
タイトルヨミホウシャセン チリョウ ガ ソウコウ シタ タハツセイ コツ ランゲルハンス サイボウセイ ソシキキュウショウ LHC ノ イチショウレイ
タイトル別表記A Case of Multifocal Langerhans-Cell Histiocytosis (LCH) of Bone Treated with Irradiation
作成者江部, 和勇
小池, 晋司
河村, 光俊
徳田, 修
高野, 勝之
塚本, 勝彦
狩野, 裕一
長岡, 栄
森本, 哲也
谷村, 晃
作成者ヨミエベ, カズユウ
コイケ, シンジ
カワムラ, ミツトシ
トクダ, オサム
タカノ, カツユキ
ツカモト, カツヒコ
カリノ, ユウイチ
ナガオカ, サカエ
モリモト, テツヤ
タニムラ, アキラ
作成者別表記Ebe, Kazuyu
Koike, Shinji
Kawamura, Mitsutoshi
Tokuda, Osamu
Takano, Katsuyuki
Tsukamoto, Katsuhiko
Karino, Yuichi
Ngaoka, Sakae
Morimoto, Tetsuya
Tanimura, Akira
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)A 4-year-old girl with multifocal LCH of bone was admitted to Shimonoseki General Municipal Hospital and treated with 10Gy of irradiation to the lesions in the left femur with curettage, the skull and the left scapula. Local healings occurred in all of the three lesions within a half year on radiographs. The new lesion in the fourth lumbar vertebra came out a year after the time of diagnosis and still remained without neuropathy.
本文言語jpn
著者キーワードランゲルハンス細胞性組織球症
好酸球性肉芽腫症
histicytosis X
放射線治療
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
43
5
開始ページ347
終了ページ354
発行日1994-10
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030043000507
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030043000507