Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル末期子宮頸癌による出血に対する Transcatheter Arterial Embolization の経験
タイトルヨミマッキ シキュウ ケイガン ニ ヨル シュッケツ ニ タイスル Transcatheter Arterial Embolization ノ ケイケン
タイトル別表記Transcatheter Arterial Embolization for Control of Bleeding Secondary to Advanced Carcinoma of the Uterine Cervix
作成者三浦, 剛史
中田, 太志
田中, 陸雄
長岡, 栄
片山, 節
西垣内, 一哉
島袋, 明子
三浦, 公子
中西, 敬
作成者ヨミミウラ, ゴウジ
ナカダ, タイシ
タナカ, リクオ
ナガオカ, サカエ
カタヤマ, セツ
ニシガウチ, カズヤ
シマブクロ, メイコ
ミウラ, キミコ
ナカニシ, タカシ
作成者別表記Miura, Goji
Nakada, Taishi
Tanaka, Rikuo
Nagaoka, Sakae
Katayama, Setsu
Nishigauchi, Kazuya
Shimabukuro, Meiko
Miura, Kimiko
Nakanishi, Takashi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)We perfomed transcatheter arterial embolization (TAE) for control of intractable bleeding secondary to advanced carcinoma of the uterine cervix in four patients. As embolic materials, Spongel and steel coil were used. In every patient, the bleeding was controled by this procedure. However, one patient bled again four months later. This recurrent bleeding was decreased by the second TAE. As a complication, only a patient had a disturbance of movement and pain of the left lower extremity following this procedure. TAE is a very useful procedure for patients in similar situation, but it should be performed carefully.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
35
3
開始ページ193
終了ページ199
発行日1986-06
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030035000308
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030035000308