Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル大量輸血後Graft-versus-Host disease (GHVD) が疑われた2症例
タイトルヨミタイリョウ ユケツゴ Graft-versus-Host disease (GHVD) ガ ウタガワレタ 2 ショウレイ
タイトル別表記Probable Graft-versus-Host disease following massive blood transfuction : a report of 2 cases
作成者金田, 好和
郷良, 秀典
中野, 秀麿
安武, 俊輔
古川, 昭一
小田, 達郎
小林, 哲朗
江里, 健輔
作成者ヨミカネダ, ヨシカズ
ゴウラ, ヒデノリ
ナカノ, ヒデマロ
ヤスタケ, シュンスケ
フルカワ, ショウイチ
オダ, タツロウ
コバヤシ, テツロウ
エサト, ケンスケ
作成者別表記Kaneda, Yoshikazu
Gohra, Hodenori
Nakano, Hidemaro
Yasutake, Syunsuke
Furukawa, Syouichi
Oda, Tatsuro
Kobayash, Tetsurou
Esato, Kensuke
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Twocases of postoperative erythroderma after massive blood transfusion were reported. One was a 58-year male after open heart surgery ; the other, a 73-year male after abdominal aneurysmectomy. After seemingly uneventful recovery, both developed fever, erythroderma, pnacytopenia and aplastic marrow, and succumed to rapid death. Based on the clinical picture and bone marrow diopsy, we suspected post-transfusion GVHD as the etiology. Use of irrafiated blod is advised to prevent the occurrence of this fatal complication and once occurred, protection against infection is very important.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
39
2
開始ページ275
終了ページ280
発行日1990-04
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030039000217
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030039000217