Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル脳原発性リンパ腫患者にみられた脳脊髄液中のガングリオシド組織
タイトルヨミノウ ゲンパツセイ リンパシュ カンジャ ニミラレタ ノウ セキズイエキチュウ ノ ガングリオシド ソシキ
タイトル別表記Ganglioside Composition of Cerebrospinal Fluid in a Patient of Cerebral B Cell Lymphoma
作成者浜中, すみ子
堀池, 修
東, 久登
木村, 和博
定光, 大海
津波, 満
中山, 尚登
河野, 裕夫
前川, 剛志
作成者ヨミハマナカ, スミコ
ホリイケ, オサム
ヒガシ, ヒサト
キムラ, カズヒロ
サダミツ, ダイカイ
ツハ, ミツル
ナカヤマ, ナオト
カワノ, ヒロオ
マエカワ, ツヨシ
作成者別表記Hamanaka, Sumiko
Horiike, Osamu
Higashi, Hisato
Kimura, Kazuhiro
Sadamitsu, Daikai
Tsuha, Mitsuru
Nakayama, Hisao
Kawano, Hiroo
Maekawa, Tsuyoshi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Ganglioside composition of cerebrospinal fluid (CSF) was analyzed in a case of a patient with cerebral B cell lymphoma and compared to that of normal subjects. The GM1 content was determined by overlaying choleratoxin. In the patient CSF, the concentrations of GM3, GM2 and GM1 were increased,while normal CSF contained GM3,GT1b and GQ1b as major gangliosides. The change of the ganglioside pattern in CSF is presumed to be due to a malignant transformation of the cerebral tissue.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
45
6
開始ページ385
終了ページ390
発行日1996-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030045000602
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030045000602