Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル地域医療計画のための環境調査 : 脳血管障害患者に対する早期リハビリテーションの普及について
タイトルヨミチイキ イリョウ ケイカク ノ タメノ カンキョウ チョウサ ノウケッカン ショウガイシャ ニ タイスル ソウキ リハビリテーション ノ フキュウ ニツイテ
タイトル別表記Environmental Study of the Regional Health Planning : Surveillance of the Acute Rehabilitation for the Stroke patient
作成者岡, 紳爾
高橋, 健一
恵上, 法男
奥田, 昌之
芳原, 達也
池口, 恵観
岩本, 晋
池江, 喜彦
段, 志軍
荻野, 景規
作成者ヨミオカ, シンジ
タカハシ, ケンイチ
エガミ, ノリオ
オクダ, マサユキ
ホウバラ, タツヤ
イケグチ, エカン
イワモト, ススム
イケエ, ヨシヒコ
ダン, シグン
オギノ, ケイキ
作成者別表記Oka, Shinji
Takahashi, Ken-ichi
Egami, Norio
Okuda, Masayuki
Hobara, Tatsuya
Ikeguchi, Ekan
Iwamoto, Susumu
Ikee, Yoshihiko
Dan, Shigun
Ogino, Keiki
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Yamaguchi regional health planning emphasizes the importance of the acute rehabilitation for the stroke patient at the medical care institution. But there is no data about the condition of this rehabilitation in this prefecture. Questionnaire surveys to co-medical staff (175 head nurses concerned with stroke patients, 97 physical and occupational therapists) at 147 medical care institutions were carried out to study the condition of the acute rehabilitation practice. Only 28% of nurses and 23% of therapists feel that the acute rehabilitation is practiced enough.The nurses play an important role in the acute rehabilitation, but 61% of them do not have sufficient training. These results suggest that the acute rehabilitation practice is not popular in Yamaguchi prefecture and that education, training and close networking among the medical staff are essential for the effective practice of the acute rehabilitation for the stroke patient.
本文言語jpn
著者キーワード医療計画
早期リハビリテーション
脳血管障害
意識調査
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
45
4
開始ページ257
終了ページ263
発行日1996-08
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030045000402
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030045000402