Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2009010028.pdf ( 67.5KB ) 公開日 2010-04-16
タイトルPalladium-catalyzed heteroarylamination of ethyl 2-chloro-1-azaazulene-3-carboxylate and annulation of heteroarylamino-1-azaazulenes
作成者Koizumi, Kazuya
Shimabara, Kunitaka
Takemoto, Aya
Yamazaki, Shinya
Yamauchi, Noriko
Fujii, Hiroyuki
Kurosawa, Masaki
Konakahara, Takeo
Abe, Noritaka
作成者ヨミコイズミ, カズヤ
シマバラ, クニタカ
タケモト, アヤ
ヤマザキ, シンヤ
ヤマウチ, ノリコ
フジイ, ヒロユキ
クロサワ, マサキ
コナカハラ, タケオ
アベ, ノリタカ
作成者別表記藤井, 寛之
阿部, 憲孝
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(理学)
山口大学総合科学実験センター
内容記述(抄録等)The palladium catalyzed heteroarylamination of ethyl 2-chloro-1-azaazulene-3-carboxylate was achieved using a catalyst based on Pd2(dba)3 / Xantphos system. Treatment of ethyl 2-(heteroarylamino)-1-aza-azulene-3-carboxylates with a PPA-POCl3 mixture gave corresponding annulation products. 2-(2-Benzothiazolylamino)-1-azaazulene (3h) showed anticancer activity against HeLa S3 cells (IC50: 6.5 μM).
本文言語eng
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者日本複素環化学研究所
出版者ヨミニホン フクソカン カガク ケンキュウジョ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0385-5414
NCIDAA00663739
掲載誌名Heterocycles
79
1
開始ページ319
終了ページ324
発行日2009-04
DOIinfo:doi/10.3987/COM-08-S(D)6
関連情報URL(IsPartOf)http://www.heterocycles.jp/
著者版/出版社版著者版
リポジトリID2009010028
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2009010028