Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルBcillus aneurinolyticus の産生する抗生物質 第2報 Bcillus aneurinolyticusの産生する発育阻止物質抽出のための予備実験 (1) : 粗物質の生物化学的諸性状
タイトルヨミbcillus aneurinolyticus ノ サンセイ スル コウセイブッシツ ダイニホウ bcillus aneurinolyticus ノ サンセイ スル ハツイク ソシ ブッシツ チュウシュツ ノ タメノ ヨビジッケン 1 : ソブッシツ ノ セイブツ カガク テキ ショ セイジョウ
タイトル別表記Studies on the Antibiotics of Bacillus aneurinolyticus (2) Preliminary examination for extraction of the crude growth inhibitor and test of its physico-chemical feature
作成者吉井, 善作
小西, 久典
小林, 秀
元木, 義信
高村, 明
作成者ヨミヨシイ, ゼンサク
コニシ, ヒサノリ
コバヤシ, シュウ
モトキ, ヨシノブ
タカムラ, アキラ
作成者別表記Yoshii, Zensaku
Konishi, Hisanori
Kobayashi, Syu
Motoki, Yoshinobu
Takamura, Akira
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Growrh inhibitor against candida was extracted crudely from the cultures of Bacillus aneurinolytics (BKA) and its physico-chemical features were examined. The results obtained are as follows : a) Heat-stability : Resistant at 120℃ for 15 minutes. b) Infuluence by inhibitors for thiaminase Ⅱ : No effect. c) pH examination : Stable above, unstable below pH 6 . d) Salting out : Highest at a 40% concentration of ammonium sultfate. e) Solubility in effective substance in the growth inhibitor of BKA was considered to be a kind of antibiotic. Also, the conditions for its preliminary were introduced.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
27
3
開始ページ237
終了ページ242
発行日1978-09
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030027000303
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030027000303