Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルChromogenic Method による尿アミラーゼ活度の測定 : 特に蛋白尿の影響を除外する方法について
タイトルヨミchromogenic method ニヨル ニョウ アミラーゼ カツド ノ ソクテイ : トクニ タンパクニョウ ノ エイキョウ オ ジョガイ スル ホウホウ ニ ツイテー
タイトル別表記Determination of Amylase Activity in Urine by a ゛Chromogenic” Method : Proposal of a Method for Masking the Effect of Proteinuria
作成者古松, こずえ
中村, 美紀恵
作成者ヨミフルマツ, コズエ
ナカムラ, ミキエ
作成者別表記Hurumatsu, Kozue
Nakamura, Mikie
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Amylase activity in urine was determined by a ゛chromogenic” method under the presence of various concentration of added albumin, polyvinylpyrrolidone (PVP), or both. Either one of these macromolec ules enhanced the amylase activity up to 50%. By dissolving the reagent tables with 300 mg/dl PVP instead of pure water, it was possible to saturate the apparent activation and completely eliminate the effect of further addition of albumin. This simple modification of ”chromogenic″ amylase assay will mask the effect of albuminemia
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
27
1
開始ページ61
終了ページ64
発行日1978-03
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030027000105
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030027000105