Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル脳腫瘍 第二報 : 手術成績ならびに遠隔成績
タイトルヨミノウシュヨウ ダイニホウ : シュジュツ セイセキ ナラビニ エンカク セイセキ
タイトル別表記Brain Tumors Part 2 : Operative Results and Follow-up Study in the Patients with Intracranial Tmor.
作成者波多野, 光紀
坂田, 洋三
阿美古, 征生
井原, 清
片山, 真男
植田, 浩之
岡村, 知実
湧田, 幸雄
渡辺, 豊
山下, 哲男
川田, 光顕
東, 健一郎
青木, 秀夫
作成者ヨミハタノ, ミツノリ
サカタ, ヨウゾウ
アビコ, セイショウ
イハラ, キヨシ
カタヤマ, サナオ
ウエダ, ヒロユキ
オカムラ, トモミ
ワキタ, ユキオ
ワタナベ, ユタカ
ヤマシタ, テツオ
カワタ, ミツアキ
ヒガシ, ケンイチロウ
アオキ, ヒデオ
作成者別表記Hatano, mitsunori
Sakata, Yozo
Abiko, Seisho
Ihara, Kiyoshi
Katayama, Sanao
Ueda, Hiroyuki
Okamura, Tomomi
Wakuta, Yukio
Watanabe, Yutaka
Yamashita, Tetsuo
Kawata, Mitsuaki
Higashi, Kennichiro
Aoki, Hideo
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)A one hundred nad thiety nine patients with histologically verified intracranial tumors for 19 years between 1954 and 1972 were retrospectively evaluated. Operative mortality rate was 18.0 per cent. At the time of December 31, 1976 a follow-up study in 87 discharged patients was dne by mail of enquete, and answers were received from all of them. Fifty two or 37.4 per cent lived over 5 years, and 46 lived in useful life. Twenty five of 89 patients lived over 10 years.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
26
3
開始ページ219
終了ページ224
発行日1977-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030026000309
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030026000309