Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030053000607.pdf ( 900.8KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル山口大学先進救急医療センターにおける血管疾患症例の検討
タイトルヨミヤマグチ ダイガク センシン キュウキュウ イリョウ センター ニオケル ケッカン シッカン ショウレイ ノ ケントウ
タイトル別表記Current status of vascular disease in the advanced medical emergency and critical care center of Yamaguchi University Hospital
作成者大楽, 耕司
古谷, 彰
野村, 真治
伊東, 博史
美甘, 章仁
秋山, 紀雄
吉村, 耕一
鶴田, 良介
笠岡, 俊志
岡林, 清司
作成者ヨミダイラク, コウジ
フルタニ, アキラ
ノムラ, シンジ
イトウ, ヒロシ
ミカモ, アキヒト
アキヤマ, ノリオ
ヨシムラ, コウイチ
ツルタ, リョウスケ
カサオカ, シュンジ
オカバヤシ, キヨシ
作成者別表記Dairaku, Koji
Furutani, Akira
Nomura, Shinji
Ito, Hiroshi
Mikamo, Akihito
Akiyama, Norio
Yoshimura, Kouichi
Tsuruta, Ryosuke
Kasaoka, Shunji
Okabayashi, Kiyoshi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)【目的】当センター開設以来経験した,血管疾患症例の現況について検討した.【対象と方法】2000年1月1日から2003年12月31日の期間に当センターで経験した血管疾患113例を対象とした.内訳は,急性大動脈解離,破裂性胸部・胸腹部大動脈瘤,破裂性腹部大動脈瘤,急性四肢動脈閉塞症およびその他として感染性胸部下行大動脈穿孔と深部静脈血栓症であった.検討項目は,センター入室患者の内訳,年次症例数の推移,年齢,性別,センター入室経路,地域別内訳,治療方法および転帰とした.【結果】血管疾患は全センター入室症例の44%を占めた.年次症例数は増加しており,現在年間約30例の患者を受け入れている.センター入室経路は病院間搬送96例,救急搬送17例で,宇部市からの搬送が半数を占めた.治療方法は,手術65例,保存的治療36例,蘇生術12例であった.各疾患別には,急性大動脈解離(Stanford type A)は手術38例,保存的治療6例,蘇生術6例,急性大動脈解離(Stanford type B)は手術4例,保存的治療23例,破裂性胸部・胸腹部大動脈瘤は手術5例,保存的治療4例,蘇生術3例,破裂性腹部大動脈瘤は手術17例,保存的治療3例,蘇生術3例,急性四肢動脈閉塞症とその他の2症例はいずれも手術が施行された.転帰は,生存93例,死亡20例であった.各疾患別には,急性大動脈解離(Stanford type A)は生存33例,死亡17例,急性大動脈解離(Stanford type B)は生存24例,死亡3例,破裂性胸部・胸腹部大動脈瘤は生存9例,死亡3例,破裂性腹部大動脈瘤は生存17例,死亡6例,急性四肢動脈閉塞症は生存8例,死亡1例,その他の2症例はいずれも生存した.【結語】地域性により症例数は決して多いとはいえないが,心臓血管外科医と救急医の連携により良好な治療成績が得られた.
本文言語jpn
著者キーワード救命救急センター
血管疾患
地域医療
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
53
6
開始ページ303
終了ページ310
発行日2004-12-31
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110002774367/
権利関係本文データは山口大学医学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030053000607
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030053000607