Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル偽妊娠ラットの初期黄体機能に対するRU486の影響
タイトルヨミギニンシン ラット ノ ショキ オウタイ キノウ ニ タイスル RU486 ノ エイキョウ
タイトル別表記Effects of RU 486 on the Early Luteal Function in Pseudopregnant Rats
作成者川本, 和則
作成者ヨミカワモト, カズノリ
作成者別表記Kawamoto, Kazunori
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Effects of an anti-progesterone substance, RU 486, on the luteal function were studied in pseudopregnant rats. The 2mg/kg injection RU 486 between day 2 and 9 of pseudopregnancy could not affect on the ovarian function until day 8 (the ascending and the plateau phases) of pseudopregnancy, but did induce luteolysis on day 10 (the descending phase) of pseudopregnancy. On the other hand, the lOmg/kg injection of RU 486 rather induced ovulation, formed new corpora lutea resulted in the increase in serum progesterone levels on day 10 of pseudo- pregnancy. These results indicate that progesterone is an important factor to maintain the pseudopregnancy in rats.
本文言語jpn
著者キーワードラット
偽妊娠
黄体昨日
プロゲステロン
RU486
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
41
6
開始ページ395
終了ページ400
発行日1992-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030041000604
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030041000604