Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル走査電子顕微鏡実験法術技の研究 : 第2報 短い細菌細胞の旋転性の研究法,特に試料準備について
タイトルヨミソウサ デンシ ケンビキョウ ジッケン ホウ ジュツギ ノ ケンキュウ : ダイ2ホウ ミジカイ サイキン サイボウ ノ セテンセイ
タイトル別表記Studies on the Technical Procedures in Scanning Electron Microscopy : 2. Scanning Electron Microscopic Method for Spirality of Short-type Bacteria, with Special Reference to Preparation
作成者小西, 久典
吉井, 善作
鎌田, 瑞穂
中野, 宏幸
岡田, 雅裕
片山, 淳
中尾, 利器
椙山, 健二
水野, 明
三井, 裕文
秋富, 尚司
伊藤, 武夫
家譲谷, 世美子
作成者ヨミコニシ, ヒサノリ
ヨシイ, ゼンサク
カマタ, ミズホ
ナカノ, ヒロユキ
オカダ, マサヒロ
カタヤマ, アツシ
ナカオ, トシキ
スギヤマ, ケンジ
ミズノ, アキラ
ミイ, ヒロフミ
アキトミ, ヒサジ
イトウ, タケオ
ケゴヤ, ヨミコ
作成者別表記Konishi, Hisanori
Yoshii, Zensaku
Kamata, Mizuho
Nakano, Hiroyuki
Okada, Masahiro
Katayama, Atsushi
Nakao, Toshiki
Sugiyama, Kenji
Mizuno, Akira
Mii, Hirofumi
Akitomi, Hisaji
Ito, Takeo
Kegoya, Yomiko
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)In order to investigate a twisting body of the short-type bacteria, the elongation method using Cephalexin was attempted in scanning electron microscopy. Two species of Spirillum and two species of vibrio were used, and Spirillum itersonii with definite spiral was also used for the positive control and Escherichia coli without spiral for the negative control, respectively. Two bacteria for controls preserved their shapes with or without spirality in the media containing Cephalexin. Other spirilla and vibrio provided the elongated cell bodies around concentration of MIC and demonstrated definite spiral-direction. Therefore, this method was considered to be useful for investigation of the twisted body of the short-type becteria.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
31
6
開始ページ707
終了ページ716
発行日1982-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030031000616
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030031000616