Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルT_1N_0乳癌に対する非定型的乳房切断術の検討
タイトルヨミT_1N_0 ニュウガン ニ タイスル ヒ テイケイ テキ ニュウボウ セツダン ジュツ ノ ケントウ
タイトル別表記Evaluation of the Surgical Result of Modified Radical Mastectomy for Stage I Cases of Breast Cancer
作成者磯村, 徳
館林, 欣一郎
年光, 昌宏
山時, 脩
森, 文樹
丹山, 桂
佐々木, 薫
美崎, 幸平
福田, 進太郎
作成者ヨミイソムラ, イサオ
タテバヤシ, キンイチロウ
トシミツ, マサヒロ
サントキ, オサム
モリ, フミキ
タンザン, カツラ
ササキ, カオル
ミサキ, コウヘイ
フクダ, シンタロウ
作成者別表記Isomura, Isao
Tatebayashi, Kinichiro
Toshimitu, Masahiro
Santoki, Osamu
Mori, Fumiki
Tanzan, Katura
Sasaki, Kaoru
Misaki, Kohei
Fukuda, Shintaro
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Twenty two cases of stage I breast cancer underwent modified radical mastectomy and 77 cases of stage II~IV standard radical mastectomy at our surgical department from January, 1978 to December, 1981. All exept one patient on whom modified radical mastectomy was performed, have been healthy without showing any recurrence or metastasis. This one case was a 90-year-old lady who died of old age 35 months after Surgery. Of 73 patients treated by standard radical mastectomy, 6 died of recurrence, and metastatic lesions have been observed in 4 patients. From our experiences, we would like to emphasise that modified radical mastectomy for early stage breast cancer is excellent method because of its convenience and efficacy.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
31
4
開始ページ387
終了ページ392
発行日1982-08
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030031000405
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030031000405