Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030051000602.pdf ( 515.9KB ) 公開日 2010-04-19
タイトルミニ移植およびImatinib Mesylateが一時的に有効であった化学療法不応性フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の1症例
タイトルヨミミニ イショク オヨビ Imatinib Mesylate ガ イチジテキ ニ ユウコウ デアッタ カガク リョウホウ フオウセイ フィラデルフィア センショクタイ ヨウセイ キュウセイ リンパセイ ハッケツビョウ ノ 1 ショウレイ
タイトル別表記Mini-transplant and imatinib mesylate were temporarily effective in a patient with ph1 positive acute lymphoblastic leukemia which had been refractory to conventional chemotherapy
作成者富永, 貴元
福田, 尚文
中森, 芳宜
下袴田, 陽子
田口, 昭彦
宮崎, 睦子
篠原, 健次
作成者ヨミトミナガ, タカユキ
フクダ, ナオフミ
ナカモリ, ヨシタカ
シモハカマダ, ヨウコ
タグチ, アキヒコ
ミヤザキ, ムツコ
シノハラ, ケンジ
作成者別表記Tominaga, Takayuki
Fukuda, Naofumi
Nakamori, Yoshitaka
Shimohakamada, Yoko
Taguchi, Akihiko
Miyazaki, Mutsuko
Shinohara, Kenji
内容記述(抄録等)Mini-transplant was performed in a patient with Philadelphia chromosome (Ph1) positive acute lymphoblastic leukemia (ALL) which had been refractory to repeated courses of chemotherapy. Decrease of leukemic cells and mixed chimerism were observed during a first month. However, leukemic cells increased thereafter, and donor leukocyte infusion(DLI) was ineffective. Subsequently, Imatinib Mesylate was administered and leukemic cells decreased for 2 months, however lekemic cells increased thereafter. These treatments were temporarily effective for Ph1 positive ALL which was refractory to conventional chemotherapy. The improvement of these treatment strategies and accumulation of these cases are necessary.
本文言語jpn
著者キーワードPh1陽性ALL
ミニ移植
Imatinib Mesylate
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
51
6
開始ページ193
終了ページ198
発行日2002-12-31
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/110002773756/
権利関係本文データは山口大学医学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030051000602
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030051000602