Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル破裂による限局性腹膜炎を来した肝嚢胞の1例
タイトルヨミハレツ ニ ヨル ゲンキョクセイ フクマク エン オ キシタ カンノウ ホウ ノ 1 レイ
タイトル別表記A case of ruptured solitary cyst of the liver with localized peritonitis
作成者清水, 良一
石上, 浩一
根木, 逸郎
村上, 卓夫
水田, 英司
岡, 正朗
内山, 哲史
光永, 斎
林, 弘人
坂田, 晃一朗
廣瀬, 嘉明
作成者ヨミシミズ, リョウイチ
イシガミ, コウイチ
ネキ, イツロウ
ムラカミ, タクオ
ミズタ, エイシ
オカ, マサアキ
ウチヤマ, テツジ
ミツナガ, ヒトシ
ハヤシ, ヒロト
サカタ, コウイチロウ
ヒロセ, ヨシアキ
作成者別表記Simizu, Ryoichi
Ishigami, Koichi
Neki, Itsuro
Murakami, Takuo
Mizuta, Eishi
Oka, Masaaki
Uchiyama, Tetsuji
Mitsunaga, Hitoshi
Hayashi, Hiroto
Sakata, Koichiro
Hirose, Yoshiaki
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Recently, malignant change of liver cyst has been reported. A 76-year-old female was admitted to our hospital because of ruptured solitary cyst of the liver with localized peritonitis. Nine cysts of various sizes were recognized in the right lobe and medial segment of the left lobe. Laboratory findings were almost normal. Right trisegmentectomy was performed on 10th day after onset. Histological diagnosis was solitary multilocular cyst. On 8th month after operation, left lateral segment of the liver had good regeneration and no recurrent cyst on computed tomography.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
36
6
開始ページ393
終了ページ397
発行日1987-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030036000609
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030036000609