Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルインターフェロンβとインターフェロンγの家兎静脈内ならびに脳室内投与によって誘発される発熱
タイトルヨミインターフェロン β ト インターフェロン γ ノ カト ナラビニ ノウシツ ナイ トウヨ ニ ヨッテ ユウハツ サレル ハツネツ
タイトル別表記Fever in rabbits induced by intravenous or intracerebroventricular injection of human recombinant interferon-β and -γ
作成者森本, 昭生
村上, 悳
作成者ヨミモリモト, アキオ
ムラカミ, ナオトシ
作成者別表記Morimoto, Akio
Murakami, Naotoshi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Interavenous (I.V.) and intracerebroventricular (I.C.V.) injection of human recombinant interferon-β and interferon-γ produced dose-dependent vers in rabbits. The fever induced by I.V. injection was monophasic and the maximum elevation occurred 90-120 min after injection. The fever induced by I.C.V. injection was observed from about 20 min after injection and was remarkably prolonged over 4 hours. The pyrogenicity of interferon-γ was greater than that of interferon-β. The development of pyrogenic tolerance to interferon-β and -γ was observed when rabbits were given. I.V. injections on 3 successive days. The present results suggest that interferon is one of endogenous mediator proteins responsible for produsing fever.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
36
6
開始ページ347
終了ページ352
発行日1987-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030036000605
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030036000605