Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル原子吸光法による血漿カルシウムの測定についての検討
タイトルヨミゲンシ キュウコウホウ ニヨル ケッショウ カルシウム ノ ソクテイ ニ ツイテ ノ ケントウ
タイトル別表記Evaluation of Atomic Absorption Spectrophotometry in the Determination of Calcium in Plasma
作成者古野, 潤治
菅原, 憲典
池田, 博
作成者ヨミフルノ, ジュンジ
スガワラ, ノリスケ
イケダ, ヒロシ
作成者別表記Furuno, Junji
Sugawara, Norisuke
Ikeda, Hiroshi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Calcium in human and rabbit plasma was determined by absorption spectroscopy, using the calcium standard solution in which contains stronthium, hydrochloric acid, depicked plasma, and various serum constituents attempted by Sekiguchi et al. This method is very simple and satisfied in accuracy to avoid certain anionic and cationic interferences. The effects of 12 kinds of interferences, sodium, potassium, and magnesium enhanced the calcium absorbance, while zinc, ferrous, cupric, phosphate, sulfate, bicarbonate, carbonate, EDTA, and oxalate depressed the calcium absorbance, especially in phosphate and oxalate.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
26
1
開始ページ1
終了ページ6
発行日1977-03
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030026000101
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030026000101