Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル市立八幡浜総合病院における経皮経肝胆管造影および選択的腹腔動脈造影の経験
タイトルヨミシリツ ヤハタハマ ソウゴウビョウイン ニ オケル ケイヒ ケイカンタンカン ゾウエイ オヨビ センタクテキ フクコウ ドウミャク ゾウエイ ノケイケン
タイトル別表記Experiences in Percutaneous Transhepatic Cholangiography and Selective Coeliac Angiography at Yawatahama General Hospital
作成者若林, 信生
高尾, 恭男
長島, 正明
山崎, 武伍
村上, 卓夫
西田, 博美
作成者ヨミワカバヤシ, ノブオ
タカオ, ヤスオ
ナガシマ, マサアキ
ヤマサキ, タケゴ
ムラカミ, タクオ
ニシダ, ヒロミ
作成者別表記Wakabayashi, Nobuo
Takao, Yasuo
Nagashima, Masaaki
Yamasaki, Takego
Murakami, Takuo
Nishida, Hiromi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Percutaneous transhepatic cholangiography and selective coeliac angiography were seemed to be indispensable examination for hepatocholangiotic diseases. At Yawatahama General Hospital, percutaneous transhepatic cholangiography was performed on 42 cases and selective soeliac angiography was performed on 29 cases, from Oct., 1970 to Sep., 1973. Methods and indications of percutaneous transhepatic cholangiography and selective coeliac angiography were described. Both examinations ware very diagnostic and complications were rare. It has been thought that both examinations have to be performed on patients with cholangiotic, liver and pancreatic diseases.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
23
1-2
開始ページ97
終了ページ106
発行日1974-06
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030023000110
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030023000110