Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル高位心室中隔欠損症の手術経験 : とくに大動脈弁閉鎖不全の合併に関する考察
タイトルヨミコウイシンシツチュウカクケッソンショウ ノ シュジュツ ケイケン : トクニ ダイドウミャクベンヘイサフゼン ノ ガッペイ ニカンスル コウサツ
タイトル別表記Surgical Considerations on the High Intervetricular Septal Defect : Report of 11 Cases
作成者小田, 達郎
角, 隆一
林, 征雄
藤井, 康宏
江里, 健輔
兼行, 俊博
作成者ヨミオダ, タツロウ
カク, リュウイチ
ハヤシ, ユキオ
フジイ, ヤスヒロ
エサト, ケンスケ
カネユキ, トシヒロ
作成者別表記Oda, Tatsuro
Kaku, Ryuichi
Hayashi, Yukio
Fujii, Yasuhiro
Esato, Kensuke
Kaneyuki, Toshihiro
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)The high interventricular septal defect which is situated between the pulmonary valve and the crista supraventricularis, differs in a surgical opinion from the other types of this malformation, because it may be possibly complicated with aortic incompetence. In 4 of 11 cases who have been operated upon for the last 2 years, harsh systolic murmurs with a maximum intensity in the 2nd. intercostral soace left to the sternum were heard. Cardiac catheterization revealed that there was an increase in oxygen content in the pulmonary trumk in 3 cases and in the conus arteriosus beneath the pulmonary valve in 1 case. Accordingly, this type of interventricular septal defect is not always easily differentiated preoperatively.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
20
2-4
開始ページ163
終了ページ168
発行日1971-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030020000211
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030020000211