Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル拡大肝右葉切除、膵頭十二指腸切除、結腸部分切除を施行した進行胆嚢癌の1例
タイトルヨミカクダイ カンウヨウ セツジョ スイトウ ジュウニシチョウ セツジョ ケッチョウ ブブン セツジョ オ セコウ シタ シンコウ タンノウ ガン ノ イチレイ
タイトル別表記A Case of Advanced Gallbladder Cancer with Successfully Resected Extended Right Hepatectomy, Pancreatoduodenectomy and Partial
作成者守田, 信義
平岡, 博
野島, 真治
榎, 忠彦
小林, 哲郎
相川, 文仁
飯尾, 里
藤原, 敬且
江里, 健輔
作成者ヨミモリタ, ノブヨシ
ヒラオカ, ヒロシ
ノシマ, シンジ
エノキ, タダヒコ
コバヤシ, テツロウ
アイカワ, ブンジ
イイオ, サト
フジワラ, ヒロアキ
エサト, ケンスケ
作成者別表記Morita, Nobuyoshi
Hiraoka, Hiroshi
Noshima, shinji
Enoki, Tadahiko
Kobayashi, Tetsuro
Aikawa, Fumihito
Iio, Sato
Fujiwara, Hiroaki
Esato, Kensuke
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)A 66 year-old woman was admitted because of right hypochondralgia and high fever. Blood examination revealed leukocytosis and an elevation of tumor marker CA19-9. CT scanning and ultrasonography demonstrated a giant tumor in the anterior and median segment of the liver. The gallbladder was involved in the tumor. Celiac angiography showed an encasement on anterior branch and median branch of the hepatic artery, and the cystic artery was not demonstrated. These findings forced to plan extended right hepatectomy for an advanced cancer of the gallbladder. However, the tumor infiltrated in the duodenum and colon, and metastasized to the lymphonodes around the pancreas head. So extended right hepatectomy, pancreatoduodenectomy and partial resection of the colon were performed. The excised tumor was 11×8×5 cm in size. The patient was discharged on the 45th day after operation without any complication.
本文言語jpn
著者キーワード拡大肝右葉切除
肝不全
胆嚢癌
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
41
4
開始ページ285
終了ページ290
発行日1992-08
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030041000402
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030041000402